2022.8.31

【衝撃】ママ友宅に誘われて遊びに行くと、セールス商品がズラリ…→“しつこい勧誘”をし続けた彼女の末路

皆さんの周りに、ちょっと厄介なママ友さんはいませんか?そんなママ友とは距離を取って接したいですよね…。 今回は実際に募集したママ友トラブルエピソードをご紹介します!

    お金を稼いで信頼を失ったママ友の話

    子どもが小さくて働きに出るのが難しいのはわかりますが、手近なところでお金を稼ごうとするのは危険だなと思った一件です。
    あるママ友が化粧品や自然食品のセールスを始めました。

    家に誘われて、子どもを連れて遊びに行くと、試供品などがテーブルにずらり…「これ試してみない?」とパンフレットを見せられました。

    「お友達価格でこれだけ安くなるのよ!」と言われても、一本一万円越えのクリームなんて、それこそ小さい子どもがいる主婦には無理!と早々に退散。


    出典:lamire
    ママ友たちの間には一瞬で彼女の話が広がり、みんなに避けられるようになってしまい、親しくない人たちにも勧誘を続けて状況がさらに悪化。
    みんな困惑しました。
    (女性/パートタイマー)

    男の子のランドセル事情

    ランドセルを選ぶ時期に、周囲のママ友たちといろいろ情報交換していたのですが、あるママ友は高価なブランド物のランドセルを選んだと自慢していて、いたって普通のランドセルを選んだ我が家のような人たちをバカにしてきました。

    「六年間も使うんだから、いいものを持たせなきゃ!」というのが彼女の言い分でしたが…。
    男の子ですから、地面に置いたり、蹴飛ばしたり、引きずったりと、どうしても扱いが雑になり、細かい傷がつきます。
    それを彼女はいちいち叱っていました。

    子ども本人は逆に周囲の子たちを羨ましがっていて、それもまた彼女は気に入らない様子で…。
    その怒りを私たちにぶつけてくるので困惑していました。

    (女性/アルバイト)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    こんなママ友だと距離を取って接したいですよね…。
    狭いコミュニティだからこそ、付き合う人は選びたいと思えるママ友トラブル体験談でした。

    以上、ママ友トラブルエピソードでした。

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。
    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼