2022.8.30

【黒歴史】「誰がハゲや!」“とんでもない聞き間違い”をした私は、店員さんに思わずツッコミを入れてしまい…→「恥ずかしすぎる!」

いくら真面目にすごしていても誰しも失敗はあるもの…。今回は実際に募集した「墓場まで持っていきたい恥ずかしい話」をご紹介します!

    聞き間違えて…

    家電量販店に行ったときのお話です。
    店員さんにオススメの暖房器具を聞いていたのですが、店員さんに「狭い所ならハロゲンヒーターがオススメですよ」と言われて、思わず「誰がハゲや!これスキンヘッドだから!」とツッコミ。

    すると店員さんが小声で「ハロゲンです…」と…。

    その瞬間、スキンヘッドの頭からすごい量の汗が…。
    ハロゲンをハゲロンと聴き間違えてしまったようです。

    キレてしまった自分が恥ずかしくなりました。

    (男性/無職)

    姉妹を見間違えて…

    放課後、自転車で走っていると、目の前に同じクラスの女の子がいました。

    そこで、少しからかおうと全く面白くないボケを放つと、彼女が「えっ?」という顔でこちらを見てきました。
    何かがおかしいと思い、よくその人を見てみると、クラスの女の子のお姉さんでした。


    出典:lamire
    よく似ている姉妹だったので、間違えてしまったのです。
    私は何もなかったかのように自転車で走り去りました。
    (男性/学生)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    いくら失敗の無いようにすごしていても、誰しも失敗はするもの。
    過ぎたものは忘れて、経験をもとに日々慎重に生きていきたいですね。

    次回の「墓場まで持っていきたい恥ずかしい話」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼