2022.8.24

「色気がない」義母の悪意ある言動に辟易… “シンプルな装い”に変えた結果→悔しそうな表情にスカッと!

みなさんは義実家の方々とは上手く付き合えているでしょうか? 大なり小なり義実家トラブルは皆さん経験があるみたいです…。 今回は実際に募集した義実家トラブルエピソードをご紹介します!

    買ったばかりの自転車が…

    念願だった、子どもを乗せられる電動自転車を買ったときのことです。
    前後に装着されている子ども用のシートに、好きな色のカバーをつけて大切に乗っていたのですが…。

    遊びに来た義母が「子どもを乗せて走ってみたい」と言ったのです。
    夫が「子どもを乗せたら重いし、慣れてないからやめとけ」と言ったのですが、とりあえず”試乗”は許すことに…。

    案の定、普通のママチャリとは違う重さにバランスを崩して転びそうになり、自転車は道路に転がりました。
    義母は「重くて乗りにくいわねぇ!」とぶつぶつ文句を言い、謝ることはありませんでした。

    まだ新品できれいだったのに、シートやカバーに傷がついてしまいましたが、子どもを乗せていなかったのは不幸中の幸いです。

    (女性/アルバイト)

    デリカシーのない義母

    義母はデリカシーがない人です。
    例えば帰省中、自分でやると伝えておいたのに勝手に私の洋服を洗濯して、ベランダの外から丸見えの場所に私の下着を干すのです…。
    慌てて取り込もうとすると先手を打たれて、リビングのど真ん中にその下着が1番上になるように畳んで積まれる始末…。

    そんな調子なので、できるだけ近寄りたくありませんが、年に何度かは帰省する必要があるため防御態勢を整え臨むことに。
    見られても恥ずかしくないよう、シンプルなスポーツ用のアンダーウェアを揃えていたのですが…。

    出典:lamire
    そうすると「色気がない」とか「そんなことで◯◯(夫のこと)が喜ぶかしら」などと、通りすがりに言われてげんなり…。
    義母にもともとデリカシーがない上、そこに嫁への悪意があったらこういう言動になるのか…と理解したので、それからはジーンズにTシャツやトレーナーなど服も持ち物もどんどんシンプルになっていき…。

    結果的に、夫と双子コーデのような感じになっていきました。
    私はその状況を結構楽しみましたが、夫婦が仲良くしている姿を見て悔しそうな顔をしていたので、ダメージは与えられたのだと満足しています。

    (女性/アルバイト)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    こんな義母と付き合うとなると骨が折れそうですね。
    なるべく距離を保って、トラブルが起きないよう過ごしたいものです…。

    以上、義実家トラブルエピソードでした。

    次回の「義実家トラブルエピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼