2022.8.19

【地獄】“マルチ商法”にハマった友人に、怪しいイベントに連れて行かれて…→参加料請求の電話が鳴り止まず大ピンチ!

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    お金の貸し借りは…

    自営業の友達に「20万円貸して下さい」と頭を下げられました。

    この支払いが滞ると取引ができなくなる、と深刻そうな様子で、「10日間だけしのげればすぐにお金は返せるから、お願い!」と…。
    古くからの友達で人柄もよく知っていたので、「銀行と同じだけ利息をつけてもらうからね」と言って振り込みました。

    1か月後、お金は戻ってきませんでした。
    LINEも既読スルーが続き、絶望していました…。

    その後、その友人と仕事上で付き合いのある知人Aさんに打ち明け、そちらから手を回してもらって返金してもらいました。
    最後まで「ごめんなさい」や「ありがとう」は一切無し。

    お金の貸し借りは人間関係を壊すということを体感しました。
    (女性/アルバイト)

    マルチにはまった友達

    仲良しだった友達に、マルチに引きずり込まれそうになりました。
    久しぶりに連絡が来てランチに出かけたら、知らない人たちに紹介されて、ゲームに参加させられたり講演を聞かされたり…。

    異様な雰囲気にドン引きしていたら、「ねぇ、あなたバリバリ働いてるから13万円くらい払えるよね!」と言われて…

    出典:lamire
    そのセミナーの初回参加料が13万円だったらしいのです。

    まだ行くとも言っていない間に彼女が申込みをしてしまったのです。
    そして彼女は私をその場に放置…翌日からバンバン請求の電話がかかってくるようになりました。

    「将来のための投資」だとか「あなたのためなのよ!」とか、挙句の果てには「今お金ないなら私が貸すからおいでよ」とか…スルーしていたら脅迫めいた怪しい電話が続いたので「弁護士通そうか」と友達に言うとようやくその攻撃がやみました…。

    13万円は結果的に払わずに済みましたが、友達を失くしてしまった残念な事件でした。
    (女性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼