2022.8.23

【衝撃】「逆らえばよかった…」義母のわがままのせいで祖父の見舞いに行けず、“最悪の事態”に…

みなさんは義実家の方々とは上手く付き合えているでしょうか? 大なり小なり義実家トラブルは皆さん経験があるみたいです…。 今回は実際に募集した義実家トラブルエピソードをご紹介します!

    結婚後も息子の面倒をみる義母

    私たちは結婚と同時に、旦那が一人暮らししていた家で暮らし始めました。
    義両親は近くに住んでいたので、「何かあればすぐに行けるから」という理由で、旦那は義母に合鍵を渡していました。

    すると義母は、私の留守の間でも、勝手に布団を干し、洗濯物をたたみ、掃除をするように…。
    夕飯後は毎日必ず私の家に来て、ずっとお喋りしているので、私と旦那の会話はありませんでした。

    挙句の果てに、「息子の家は結婚前の方が片付けられていてキレイだった」と文句を言われ…。

    出典:lamire
    勝手な行動の連続にモヤモヤしてしまいました。
    (女性/主婦)

    遠方なのに泊まりに来る義両親

    義両親はフットワークが軽く、遠方に転勤した私たちのところへ、車に布団を積み、泊りがけでよく遊びに来ていました。
    しかもなかなか帰らない…私たちの都合を聞かずに、義母が「あと数日いることにするわ!」と決めて、だらだらと過ごすのです。

    その間の食事の支度や買い出しはすべて私。
    夫は激務なので土日も出勤することが多く、当然おもてなしは私の役目でした。

    ある年の暮れに、夫が正月早々出勤が決まっていたので、会えなくなるからと遊びに来た義母。
    子どもたちと過ごしたかったのか「やっぱり明後日帰ることにする」と滞在を延長…。

    その頃私の祖父は具合が悪く、お見舞いに行く予定だったのですが、義母のわがままのせいで帰省を数日ずらすことに。
    その結果、祖父の容態は悪化し、しばらく面会できない状態に…

    私は自分が義母に逆らえなかったことをとても後悔しました。
    それ以降は夫が気を使ってくれて、義父母の来襲を阻止してくれるようになりましたが、もっと早く義母に自分の気持ちを言えるようになっていればよかった、と今でも悔やんでいます。
    (女性/会社員)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    こんな義両親と付き合うとなると骨が折れそうですね。
    子どものためにも適度な距離を保ちながら、いい関係でいたいものです…。

    以上、義実家トラブルエピソードでした。

    次回の「義実家トラブルエピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼