2022.8.17

「総額50万…!?」彼に不信感を感じ結婚の延期を申し出ると、“とんでもない請求書”が送られてきて唖然…<金銭トラブル>

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    お金の貸し借りにリスクはつきもの…

    元同僚のお話です。
    その人はとにかく口が達者な社員でした。

    入ってきてすぐに「お金をかしてほしい」と言われ、怪しいと思った私は理由を聞きました。
    すると、「どうしてもこの会社に入りたくて、いろいろお金を使ってしまった」とのこと。
    運送業なので、免許を取りに行くのに初期投資が必要だったんだと思います。

    いくら?と尋ねると、「20万円」と言われました。
    月に5万円づつ返すと約束してくれたので、貸すことにしました。

    すると1か月も経たない間にその人はやめてしまい、連絡をしても繋がらず…20万は返ってきませんでした。

    出典:lamire
    今思えば、よい勉強になりました。
    この経験が無かったら、人にお金を貸し続けてたと思いますので…。

    皆様も気をつけてください。
    (男性/運送業)

    請求書が送られてきて…

    私は、同じ病院に勤務する30代の彼と半年前からお付き合いをしていました。誠実な人だったので常にあたたかい気持ちで付き合っていました。
    二人で出かけたり、食事に行ったり、とても幸せでした。

    二人が付き合い始めて4か月過ぎた頃、彼にプロポーズされました。
    お互いの両親にも挨拶し結婚準備を着々と進めていたとき、「専業主婦になりたい」と彼に告げました。

    すると彼の表情が曇り、「えっ!俺の金で生活していくの?なんで働かないの?家計はそれぞれ別でしょ?」と言い出しました。
    驚いた私は「一家の家計は自分が預かりたい」と言いましたが、彼は譲らず「俺の給料は俺が管理する」の一点張りでした。

    先行きに不安を感じた私は「結婚を延期したい」と告げました。
    それから彼は豹変し、冷たくなっただけでなく、とんでもないものを送ってきました。

    それは、今まで私のために支払ったお金の請求書でした。
    日付と使用した名目、金額が事細かく書かれており…総額は50万ほど。

    仕方なくお金を払って彼に別れを告げ、新しい職場へと転職しました。
    しばらくかなり落ち込みました。

    (女性/看護師)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼