2022.8.17

【最低】娘の私物を壊した子ども。謝罪されるかと思いきや、母親は“衝撃の逆ギレ発言”を連発!

皆さんの周りに、ちょっと厄介なママ友さんはいませんか?そんなママ友とは距離を取って接したいですよね…。 今回は実際に募集したママ友トラブルエピソードをご紹介します!

    壊さないで…

    子どもが同じ幼稚園に通っているママ友の話です。
    子ども同士とても仲がよく、私の住んでいる賃貸アパートでよく遊んでいました。

    しかし、その子どもが来るたびに必ず何かを壊していくのです…。
    親は見てみぬふりをしているのか、何も言ってきません。

    ソファで激しくジャンプをしたとき、床にひどい傷が沢山ついたので、遠回しに伝えるために、傷防止マットを貼るのを手伝って貰ったのですが…「このくらいの傷なら5年も住めば分かんなくなるよ!」と言われる始末。

    今はやんわり理由をつけて「今日はうちでは遊べないよ」と外で遊ぶように促しています。
    (女性/パート)

    まさかの逆ギレ!?

    子どもの自転車を買ったときのこと。
    ピンク色の自転車だったのですが、デコレーションのパーツが付いていたことから、公園などでほかの子どもたちにも羨ましがられていました。

    しかし、同じマンションの子どもがそのパーツをむしり取って壊してしまったのです。
    防犯カメラにその現場がばっちり映っていたので母親に言うと「子どものしたことじゃない!」と逆ギレ。

    出典:lamire
    話にならないので、父親に防犯カメラ映像を確認してもらい、わずかな弁償代をもらったのですが…
    母親からは「子どもにそんなキラキラしたものを見せびらかさないでよ!」と言われる始末でした。
    (女性/アルバイト)

    あなたの周りでもこんなこと、ありませんか?

    こんなママ友だと距離を取って接したいですよね…。
    狭いコミュニティだからこそ、付き合う人は選びたいと思えるママ友トラブル体験談でした。

    以上、ママ友トラブルエピソードでした。

    次回の「ママ友トラブルエピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼