2022.8.19

【誤爆】友人達からもらった結婚祝いにそれぞれ“お礼LINE”を送ったところ…→「私のは安物で悪かったね」

LINEの普及で人と簡単に繋がることができるようになった現代。 とても便利になった反面、この便利さが時にはトラブルの引き金になったりして…!? 今回は実際に募集したLINEトラブルエピソードをご紹介します。

    見知らぬ名前

    数年前、会社の同僚と付き合っていました。
    ある日「今日は家族と会うから家に帰る」と言われて私は1人で食事に行きました。

    すると夜遅くに彼女から見知らぬ男性の名前を呼びながら「◯◯早く帰れた?気をつけてね」と私にLINEが。
    「これ誰宛に送ってるの?」と送ったところ「家族」と返信がありましたが明らかに別の男で…。

    それからしばらく気まずい雰囲気が流れ、結局別れました。

    (男性/会社員)

    友人を怒らせた

    結婚する際、友人からそれぞれ結婚祝いを貰ったので、それについてのお礼をLINEでそれぞれ貰った物の名称と「嬉しかった」「大事にするね」といった気持ちを書いて送信しました。

    すると、1人から「私のは安物で悪かったね」という返信が来て驚いて確認すると、違う人あてに書いたメッセージをメッセージ送付済みの友人に間違って送っていることに気付きました…。そして2つのメッセージの分量の差に怒っているようです。


    出典:lamire

    本当にそんなつもりじゃないのに…と血の気が引いて、とにかく平謝り。
    なんとか仲直り出来ましたが、なんであんな誤爆をしたのかしばらく引き摺りました…。

    (女性/主婦)

    みなさんの周りにもこんなこと、ありませんか?

    誤爆なんてそんなのあるわけない…と思いがちですが皆さん結構な頻度でやってしまっている様子。
    宛先確認はしっかりしましょうね。

    以上、LINEトラブルエピソードでした。
    次回の「LINEトラブルエピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼