2022.8.14

【金銭トラブル】「ちりも積もれば山となるよ!」会計の度に”少額の借金”をする友人にウンザリ!

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    ちりも積もれば…

    私に毎回、少額の負担をさせる友人がいます。
    割り勘のときに「大きいお金しか持ってないんだよね。どうしよう。崩せるお金ある?」と聞いてきます。

    「持ってない」と答えると「どうしよう…」といってアピールするので毎回私が払います。
    友人は「後でコンビニで崩してくるね」と言いながら忘れたふりして払いません。

    自販機でジュース買う時にも「小銭ない、どうしよう。もってる?後で返すね」と言いますが返してもらったことはありません。
    「今日はおごるよ」と珍しく言ってくれたかと思うと、レジ前では結局「10円足りない」「100円足りない」などと言って支払わせます。

    それなのに奢ってやった感を出され、ご馳走様と言わなきゃいけないのがモヤモヤします。
    普段その友人は「後で返す」と言うので毎回私が支払っていますが、後で返すということになってるのでご馳走様といわれることはありません。

    今まで買い物、飲食代、ガソリン代、遊び代などなどお金を支払うタイミングで必ず少しのお金を取られるのでトータルすると大きい額になります。
    その時々に借りるお金は少額なので本人にも言いづらいです。

    何度か返してもらえるか聞いたことはありますが「ごめん、今持ってないんだよね。今度返すね!」と言われてなかったことにされますし、聞くと嫌な顔をされます。
    催促するのも嫌ですし、いつもモヤモヤしています。
    (女性/自営業)

    飲み会で割り勘が…

    私はお酒を飲まず小食ですが、学生時代の友人たちと飲み会をしても平等に割り勘でしたが、とくに疑問をもっていませんでした。
    私が車を出す時は、駅か家の近くまで送っていました。

    その後、趣味で新しくできた友人たちとの飲み会で、何か言ったわけでもないのに私の負担を少なくしてくれて驚きました。
    そういう配慮が普通なのかと思いはじめたら、急に学生時代の友人との集まりでは損をしている気がしてきて、誘われても参加しなくなりました。


    出典:lamire

    すると、飲み会自体が減ったらしいです。
    「ずっと、負担を減らすためのあてにされていたのかもしれない」と感じました。
    (女性/会社員)

    いかがでしたか?

    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼