2022.8.14

「私の方がうまく作れる!」市販の離乳食を”目の敵”にした義母の末路…<義実家トラブル>

みなさんは義実家の方々とは上手く付き合えているでしょうか? 大なり小なり義実家トラブルは皆さん経験があるみたいです…。 今回は実際に募集した義実家トラブルエピソードをご紹介します!

    30年ものの布おむつ

    長男が生まれたときに大荷物を持って訪ねてきた義父母。しかし、そのダンボールを開けて絶句…!
    夫が生まれたときに使っていた産着や黄ばんだ布おむつ、そしておまるなどがどっさりと詰め込まれていました。

    防虫剤の臭いが染みついた布おむつは、毛羽立って、洗ったら裂けてしまうのではないかと思うほどの古さで、とても実用に耐えられるとは思えず、夫が「持って帰って!」とそのまま車のトランクに戻してくれたのですが…。

    30年前の品物を全部残してあったことに驚き、それを「使えるから」と押し付けてくる義母のことは、それ以降警戒の対象でしかありませんでした。
    しかし、義母はめげることもなく、紙おむつに対してもあれこれ文句を言ってきたりしましたが、夫公認で適当にスルー。

    義父母が本当に子どもや私たちのことを大切にしてくれるなら、こちらも大切にできるだろうと思っていましたが、自分の主張ばかりをめげずに押し付けてくる義母に困惑しました…。
    (女性、パートタイマー)

    できたレバーペーストは…!?

    長男が生まれたころ、義母は初孫ぞっこんで、いろいろと面倒なことをしたり言ったりしてきました。

    普段そんなに熱心に料理をするわけでもないのに、手作りの離乳食をあれこれ作りなさいとレシピを送ってきたり、帰省するといろんなものを食べさせようとしたり…。

    しかし、育児の知識はアップデートされていなかったので、アレルギーの怖さや危険性を知らず、いろいろと危ない目にあいそうになり、夫と私で長男をガードして、義母に預けないようにしていました。

    そんな彼女が目の敵にしていたのがベビーフードでした。
    某ブランドのレバーペーストをぱくぱく食べていた息子を見て…「私がもっとちゃんとしたものを作ってあげるわ!」と自分でレバーを買ってきて何やら作り始めたのです。


    出典:lamire

    その姿と台所の臭いはまるで魔女の実験室みたいで…当然、生臭くて大人でも食べられないようなものが出来上がりました。
    夫に「それ、自分が食べておいしいと思う?」と言われて逆ギレして部屋に閉じこもった義母。

    孫を思ってやってくれているとは思いますが、食べ物は命に関わることなので慎重に対応していきたいです。

    ちなみに某ブランドのレバーペーストは栄養バランスはもとより、大人が食べても病みつきになる美味しさで、その企業努力を舐めるなと思いました。
    (女性/パート)

    いかがでしたか?

    こんな義両親と付き合うとなると骨が折れそうですね。
    子どものためにも適度な距離を保ちながら、いい関係でいたいものです…。

    以上、義実家トラブルエピソードでした。

    次回の「義実家トラブルエピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼