2022.8.12

【衝撃】いつも孫たちに何もしてくれない義両親。→珍しく入学祝いをくれたけど…“価値観の違い”に驚愕!

みなさんは義実家の方々とは上手く付き合えているでしょうか? 大なり小なり義実家トラブルは皆さん経験があるみたいです…。 今回は実際に募集した義実家トラブルエピソードをご紹介します!

    何気ない一言

    実家より義実家のほうが近いため、たびたびお世話になっています。
    孫や夫だけでなく、私も娘のようにかわいがってもらっているのですが、家族のように接しているからこそ、何気ない一言が気になることがあります。

    2人目の出産後、義父に「まだぽっちゃりしてるね。お腹はへこまないの?」と言われました。

    出典:lamire

    まだ出産してから1ヶ月も経っていないし、年子で出産したから自分のことなんて後回しだった私。
    「なぜあなたに言われなきゃいけないの?」と感じ、モヤモヤがおさまりませんでした…。

    (女性/主婦)

    お祝いごとなのに…

    義父母の、我が子達に対するありえないエピソードです。
    孫達に関心がない義父母は、誕生日や、七五三、クリスマス、子どもの日、ありとあらゆる子どもに関する記念日をお祝いしてくれたことがありません。

    何もしてくれないにもかかわらず、義父母の誕生日や、父の日、母の日には主人が食事に誘ったり贈り物をしたりするのが嫌でモヤモヤしていました。
    ところが、子どもの入学式に突然お祝いを頂きました。

    珍しいなと思っていたのですが、ありがたく頂こうとお礼を言いました。
    しかし自宅に帰って袋を開けてびっくり。

    お札がヨレヨレシワシワ。
    ケチャップ?ソース?のようなシミもついていて…。

    新札ではなかったにしても、なぜコレ?とやっぱりモヤモヤ。
    価値観の違いに肩を落としました。

    (女性/主婦)

    いかがでしたか?

    こんな義両親と付き合うとなると骨が折れそうですね。
    子どものためにも適度な距離を保ちながら、いい関係でいたいものです…。

    以上、義実家トラブルエピソードでした。

    次回の「義実家トラブルエピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼