2022.8.10

「お金半分出して」車で10分の距離なのに“信じられない要求”をしてくる友人にびっくり…!<金銭トラブル>

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    飲み会でのトラブル

    私が新入社員の頃、仲がよかった同期がいました。
    その子は明るく、いつもみんなの中心にいるような存在で私は一目置いていました。

    しかし、ひとつだけ彼を受け入れられないことがありました。
    それは、同期との飲み会や仕事帰りの一杯など、私と参加する飲み会では必ず「あ、今日も現金忘れちゃった。立て替えといてくれない?」と言い、後々の支払いはこちらから催促しないと絶対払ってくれないのです…。

    出典:lamire
    しかも、催促して払うときには必ずと言っていいほど嫌な顔。
    そんな彼は、結局他の同僚にも同じことをしていたようで、人事から注意され、その後すぐに退職しました。

    明るい人気者だったのに、金銭トラブルが元で退職するはめになるなんて、もったいないなと感じました…。
    (男性/会社員)

    高くついたランチ

    幼馴染みの友人の話です。
    昔からお金にはかなり執着が強く、大人になった今でもそれは変わらず…。

    遊ぶときにはいつも私が車を出し、自宅まで迎えに行くのですが、その日は私の車の点検があったので、友人の車で遊びに行くことになりました。
    いざ乗り込むと、「ガソリンないから入れてくね〜」と近くのガソリンスタンドへ。

    そして一言、「お金半分出してくれれば大丈夫だから〜」と…。
    車で10分もかからないカフェに行くのに、ガソリン満タンの半額を支払うはめになりました。

    結局、ランチ代よりも高くつき…。
    それからは毎回私が車を出しています。

    (女性/パート)

    いかがでしたか?

    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼