2022.8.10

【奇襲】「いるじゃ~ん!」“アポなし訪問”を繰り返すママ友。呼び鈴に対応せずにいると、まさかの庭へ回り込み…唖然!

皆さんの周りに、ちょっと厄介なママ友さんはいませんか?そんなママ友とは距離を取って接したいですよね…。 今回は実際に募集したママ友トラブルエピソードをご紹介します!

    ママ友のアポなし訪問

    近所に住むママ友が、こちらの都合はお構いなしでアポなし訪問してきます。
    子どもの世話で手が離せず呼び鈴に対応できないでいると、当然のように敷地内の庭先へ回り込んで来ます。

    窓から覗き込み「いるじゃ~ん!」と私の了解も得ずに家へ上がり込む始末。
    そしてタンクトップ姿で育児に奮闘する私を見て、「よくそーゆー服着ていられるね」と。

    出典:lamire
    私だって人前で肌をさらしたくはないのですが、いつも奇襲をしかけてくるので着替えてる間もありません。
    馴れ馴れしく図々しいママ友にストレス溜まりまくりです。
    (女性/フリーランス)

    娘どうしの仲違い

    娘とお友達のAちゃんは、一年生から同じクラスで、仲のよいお友達の1人でした。
    三年生が終わる3月頃、Aちゃんママから、娘とAちゃんがトラブルになっているため事実確認をしてほしいとメッセージが届きました。

    「きっと2人の間で何かあったのだな」と想像し、娘にも事実確認をした後、Aちゃんママに返信しました。
    トラブル内容は割愛しますが、娘から聞く限りはAちゃんが悪いというような内容でした。

    しかし、Aちゃんママからは「娘さんが悪い」「うちの子は毎晩泣いている」と返信が。
    やりとりを続けていくうちに、「娘さんは体が大きいので周りを怖がらせている」「うちの子は小さいので目を付けられている」「私は経営者としていろいろな人を見てきたので、娘さんはろくな大人にならないとわかる」と言うような内容が届きました。
    これは解決できそうにないと思い、担任の先生に相談をして間に入ってもらいなんとか解決。

    その後も同じようなことが繰り返されていたのですが、後日たまたまほかのママ友と話しているときに、Aちゃんママの話題になり、メッセージの件を打ち明けると「うちも同じ!しつこいし、Aちゃんのことは棚に上げて話をしてくるから無視してる!」と聞き、心がスッと落ち着きました。

    それ以来、娘はAちゃんと距離を保ちながら接しているようです。
    (女性/パート)

    いかがでしたか?

    こんなママ友だと距離を取って接したいですよね…。
    狭いコミュニティだからこそ、付き合う人は選びたいと思えるママ友トラブル体験談でした。

    以上、ママ友トラブルエピソードでした。

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼