2022.8.08

「そんなんじゃ誰も結婚してくれないよ」失礼すぎる面接官に“反撃の一言”!→「誰にも言わないでくれ」と泣きつかれてスカッと!

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれるエピソードをご紹介します!

    悔しさをバネに努力した結果

    仕事でクライアントとやり取りすることが多いのですが、クライアントは委託しているのをいいことに、言いたい放題言ってきます。
    「君のメールは意味がわからないからメールしてこないでほしい」とまで言われました。

    出典:lamire
    悔しかったので、自宅でメールの仕方やクライアントの扱う商材を猛勉強。
    するとクライアントの方より商材について詳しくなり、信頼してもらえるようになりました。

    今では「君がいるから仕事を任せたい」とまで言われるようになり、新しい仕事も頂けるようになりました。
    (男性/会社員)

    失礼すぎる社長の質問

    転職活動中、地域密着型の会社に応募したときのことです。
    その日の面接官は社長と思わしき人物で、緊張していました。

    最初は志望動機やこれからの意気込みなど、ありふれた質問からはじまり、やがて少し打ち解けてきた頃にちょっとした雑談がはじまりました。
    そこで私の面接をしていた社長が「普段はどんな料理作ってるの?」と聞いてきました。

    当時はそこまでお金もなく贅沢もできなかったので、正直に「もやし炒めなど節約料理を作ってます」とカミングアウト。
    するとその社長は「そんなんじゃ誰も結婚してくれないよ」と偏見混じりの言葉で罵ってきました。

    その前にもプライベートに踏み込むような不躾な質問がちらほらあったため、私はとうとう堪忍袋の緒が切れました。
    そして「ご心配なく、そのような考えの方とは結婚どころか一緒に働く気もありませんから」と真顔で言い返して応接室から退場。

    帰り際、「このことは黙っていてくれ…!」と社長に泣きつかれましたが、無視してその場を後にしました。
    (女性/会社員)

    いかがでしたか?

    人に対して嫌な態度を取る人は、放っておいて正解かもしれませんね。
    反面教師として、自分は周りの人に対して優しくありたいものですね。

    以上、スカッと体験談でした。
    次回の「スカッと体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼