2022.8.07

「わーい!横浜いきたい!」どんよりした相談をしていた先輩に誤爆!先輩「よかったね笑」→気まずすぎる…

LINEの普及で人と簡単に繋がることができるようになった現代。 とても便利になった反面、この便利さが時にはトラブルの引き金になったりして…!? 今回は実際に募集したLINEトラブルエピソードをご紹介します。

    誤タップして誤爆

    友人のAちゃんとバーで飲んでいた時のこと。
    Aちゃんがかなり酔っ払ってきた頃に、Aちゃんの上司から仕事についてのLINEが送られてきました。

    「ごめん、私酔っててちゃんと読めないから代わりに見て」
    そういってAちゃんが私にスマホを渡してきたとき、誤って画面に手が触れ、スタンプを送ってしまいました。
    しかも、「労働はクソ」というスタンプ。

    Aちゃんは青ざめ、酔いも吹っ飛んだようでした。
    (女性/会社員)

    夜は絶対にお泊りね♡

    以前働いていた職場の先輩と、私が仕事を辞めたいという相談のLINEをやりとりしていたときの話です。
    その直後に、当時つきあっていた彼氏から「明日仕事休みになったからどこか行こうよ」というLINEがきました。

    私はすごく嬉しくてすぐに返そうとしたのですが、そこで母親に話しかけられ、いったんスマホを閉じました。

    母親と話し終わって、すぐに彼に返信しなきゃ!と少し焦りながら「わーい!じゃあ横浜行かない?中華街行きたーい!夜は絶対にお泊りね♡」と返信すると、10秒後くらいに「彼と会えることになってよかったね(笑) 横浜楽しんできてー(笑)」と、職場の先輩から返信が!!


    出典:lamire
    間違えて先輩に送ってしまったのです…
    先輩とはついさっきまでどんよりLINEをしていたのに、もう恥ずかしいやら情けないやらで、泣きそうになりました。
    (女性/主婦)

    いかがでしたか?

    誤爆なんてそんなのあるわけない…と思いがちですが皆さん結構な頻度でやってしまっている様子。
    宛先確認はしっかりしましょうね。

    以上、LINEトラブルエピソードでした。

    次回の「LINEトラブルエピソード」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。
    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼