2022.8.05

「お母さん、なんで…!?」母親に通帳を預けるも、貯金額が大幅に減っていて…→“衝撃の事実”が発覚!

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    貯金をするために預けたのに…

    20代前半の頃の話です。
    当時は実家に住んでおり、事務の仕事をしていました。

    自分で管理しているとなかなかお金を貯めることができなかったため、母に通帳を渡し毎月お金を預け、入金してもらうことに。
    数年たち、パソコンの購入を考えているときに、母に通帳を渡してほしいと伝えたところ、なぜだか母は困ったような表情に…

    通帳を渡してもらい見てみると、なんと、本当ならば100万円以上貯まっているはずの貯金が、50万円ほどしかありませんでした。
    何度も母親に引き出されていたのです。

    出典:lamire
    家計が大変なときに引き出していたということで、かなり謝られました。
    正直とてもショックでした。
    (女性/主婦)

    2軒目以降は…

    いつもお金を持って来ていないフリをする友人がいます。
    数人の友人達と飲むと、居酒屋のあとにスナックなどに行くことが多いのですが、問題の友人は2軒目以降のお金を支払わないのです…。

    お会計のときになると必ず「お金が足りない」と言い始めます。

    毎回注意するのですが、こちらも酔っているのでなんとなくなぁなぁになって払ってしまいます…。
    (男性/会社員)

    いかがでしたか?

    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪

    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。
    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼