2022.8.03

疎遠になるのも仕方ない!?割り勘でいつも“少しだけ得をしよう”とする友人の話<金銭トラブル>

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    細かいのがないから…

    同じ職場の男性の話です。
    普段、仕事中は一生懸命仕事をしていたので何も悪い印象などなかったのですが…。

    ある日、仕事仲間たちと食事に行くことに。
    電車移動の際にその男性から「細かいお金がないから一緒に切符買っておいて」と言われ、彼の分も購入して切符を手渡しました。

    その後、食事が終わり支払いが済んで、先ほどの電車賃を返してもらえるかと思っていたのですが…すっかり忘れている様子。
    男性に伝えても「あー、うん…」となぜかごまかされ、結局電車賃は戻ってきませんでした。
    (女性/会社員)

    出典:lamire

    少しでも得をしたがる友人

    高校の同級生の話です。
    卒業後も時間が合えばよくご飯に行っていました。

    しかし食事に行くたび、会計時に「細かいのある?」と聞かれ、端数分はいつも私が支払うことになります。
    最初は気にならなかったのですが、毎回のこととなるとストレスを感じるように…。

    大した金額ではないけれど、「数円でも得してやろうと思うような人とはあまり会いたくないな」と思い、今は疎遠になりました。
    (女性/会社員)


    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。
    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼