2022.8.02

「あいつ、別れたらしいよ」男友達の破局を報告するつもりが…“本人”に誤爆してしまい大慌て!

LINEの普及で人と簡単に繋がることができるようになった現代。 とても便利になった反面、この便利さが時にはトラブルの引き金になったりして…!?今回は実際に募集したLINEトラブルエピソードをご紹介します。

    気まずい誤爆…

    高校を卒業してから数年後、同級生の男子からSNSでメッセージが来て、やり取りするようになりました。
    その男子には当時彼女がいたのですが、友達を誘って何人かで宅飲みしようと誘われ、その男子の友達の家で宅飲みをしました。

    その後しばらくしてから彼が彼女と別れたことを知り、「あいつ、別れたらしいよ」と一緒に宅飲みした私の友達にLINEしました。

    出典:lamire
    しかし送信先を間違えて、別れた男子本人にその内容を送ってしまいました。
    とても気まずかったです。
    (女性/主婦)

    私も食べたい!

    彼からおいしいご飯を食べているよとLINEが。
    そのLINEを見た私は、「私も食べたい!」と返信しました。

    ところが、彼に送ったつもりが、父親に誤爆…。

    出典:lamire
    父親からは、すぐに「何のこと?」「夕飯のことか」と返信がありました。

    彼氏がいることがバレそうになり、かなり焦りました。
    (女性/会社員)


    誤爆なんてそんなのあるわけない…と思いがちですが皆さん結構な頻度でやってしまっている様子。
    宛先確認はしっかりしましょうね。

    以上、LINEトラブルエピソードでした。

    次回の「LINEトラブルエピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    LINEのやりとりの画像に関しては、エピソードをもとに編集部で作成したものになります。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。
    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼