2022.8.01

お金を貸した友人に返済を求めると…LINEをブロック!?→その後、偶然見かけた”友人の行動”にさらに幻滅…

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    返してくれると思っていたのに…

    小さい頃から仲のよかった友達の話です。
    大きくなるにつれてお金を使う遊びも多くなり、「お金がないから貸して」と言ってくるように。

    最初は数百円でしたが、次第に金額が高くなっていき、返す様子もなかったので、ある日「お金返して」と言うと「お金ないから無理」と言われました。
    「いつならいける?遅くなってもいいから返して」と伝えると、それ以来LINEはブロックされて音信不通に…。

    ある日、外で偶然会ったときに声をかけると、逃げるように去って行きました。
    そしてその後、2度と会うことはなく、お金も返ってきませんでした。

    金の切れ目が縁の切れ目と言いますが、それ以降、他人にお金を貸すことはやめました。
    (女性/保育士)

    仲のいい友人の頼み

    中学生からの友人が競馬にハマっており、頼まれたので大金を貸してしまったのですが…。
    本人と連絡が取れなくなり、さらに自宅も引っ越してしまったため、回収の目処がつかなくなってしまいました。

    半年後にスーパーで見かけたものの、自分を見つけた相手は早々に立ち去ってしまい、急いで外に出るも見つけられず…。
    それ以降、見かけることもなく大金も返ってこないため、金銭が絡む場合は友人でも見極めていきたいと思いました。
    (男性/会社員)

    出典:lamire


    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。
    ▼みなさんの体験談も絶賛募集中です♪▼