2022.7.26

「私がもうひとり!?」親友2人から“あらぬ疑い”をかけられるも、彼らが声をかけたのは私ではなく困惑…

皆さんは不思議な体験をしたことはありますか…?原因がよくわからない何かに巻き込まれた、なんて経験した方も中にはいらっしゃるようです…。今回は実際に募集した「奇妙な体験エピソード」をご紹介します。

    私がもうひとりいる…?

    高校2年生の頃の話です。

    私は電車通学をしていました。
    少し遠方の高校に通っていたので利用時間は早めでした。

    ある日、いつもうちに遊びにくる親友2人と話をしていたとき、1人が「そういえばこの前、朝に駅でお前を見かけたから声かけたけど無視していったよな」といい出しました。

    するともう1人も「俺も朝、見かけて目が合ったけど気づいてなかったんか?無視やったな」と言われたのですが、私が電車を利用する時間は彼らより早く、駅で会うことはありません。

    1人なら見間違いもありえますが、2人に言われたので、とても不思議に思いました。
    (男性/会社員)

    噛み合わない会話

    当時、気になっていた男性とメッセージのやりとりをしていたときのこと。
    途中から会話が食い違い、もはや何の話をしているか分からなくなっていました。

    出典:lamire
    おかしいと思った私は、相手に会いに行って、そのことを話すと、彼の携帯の私とのトーク画面には、私が送った内容とは違う内容が載っていました。
    私の画面も彼に見せると、彼の送ったものと違ったらしく二人で驚きました。

    (女性/会社員)


    不思議な出来事が偶然なのか、はたまた“何か別のもの”なのかはわかりませんが…。
    誰かが実際に体験した話には、何か奇妙な説得力がありますよね。

    以上、奇妙な体験エピソードでした。

    次回の「体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。