2022.7.22

「自分の家だと電気代かかるから」毎日のように子連れで遊びにくるママ友。朝から夕方まで“うちに長居する理由”を聞いて呆然…!

皆さんの周りに、ちょっと厄介なママ友さんはいませんか?そんなママ友とは距離を取って接したいですよね…。 今回は実際に募集したママ友トラブルエピソードをご紹介します!

    子連れで遊びにくるママ友

    児童館で知り合ったママ友の話です。
    夏になると、毎日のように子ども3人を連れて我が家に遊びに来ていました。

    朝から夕方まで長居していくのですが、その間ママ友の子ども達は「おばさん、ジュースー!」とねだったり、大騒ぎして部屋を汚したり…。
    また、昼ご飯をこちらが準備するのも苦痛でしたが、子ども同士が仲がいいからと目をつぶっていました。

    あるとき「どこか他のところで遊んで来たら?毎日朝から夕方までうちにいても退屈でしょ」と遠回しに聞いてみたのですが、「外に遊びに行くとお金かかるし、自分の家にいると電気代かかるから」と言われて呆然としました…。
    それ以来、「主人に人を家に呼ぶなと怒られた」と噓をつき、断るようにしました。

    (女性/会社員)

    お泊まりのお願いが多いママ友

    保育園のママ友の話です。
    「週末に子どもをお泊りさせてほしい」と、そのママ友からお願いされました。

    「年長さんだしいいかな…」と思い、1日預かって泊まらせたのですが、その翌々週も同じようなお願いが…。
    子ども同士仲がいいため引き受けましたが、だんだんと回数が増えてきました。

    あるときそのママ友の旦那さんに保育園のお迎えで会ったとき、「いつも妻と子どもが泊まらせて頂いているようですみません」と言われました。
    泊まりに来ているのは子どもだけなので不思議だったのですが…。

    後々聞いた話によると、そのママ友は「子どもと一緒にママ友の家に泊まる」とダンナに嘘をついて、不倫相手のところに泊まっていたそうです。
    うちはアリバイ作りに利用されていたのでした。

    (女性/会社員)

    出典:lamire


    いかがでしたか?

    こんなママ友だと距離を取って接したいですよね…。
    狭いコミュニティだからこそ、付き合う人は選びたいと思えるママ友トラブル体験談でした。

    以上、ママ友トラブルエピソードでした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。