2022.7.20

財布を忘れたと言ってお金を借りようとする同僚。→“同じ手口”を他の人にも使っていてドン引き…

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    ジュース代を…

    友人に、ジュース代を貸して欲しいと頼まれたことがあります。
    ジュース代くらいなら小銭だしいいかと思い、貸すことにしました。

    しかし、なかなか小銭を返しに来ません。
    何回も催促してようやく返してもらえました。

    出典:lamire

    しかし後日、ジュース代を貸して欲しいと再度頼まれました。

    仕方なく貸すも、またしてもなかなか返してもらえず、催促する日々。

    このようなことが何回か続き、「なぜ貸してあげた側の自分が催促しなくてはならないのか」と疑問に思って、もうその友人にお金を貸すことをやめました。

    (男性/学生)

    常習犯!?

    パート勤務していた頃のお話です。
    働き始めて2か月ぐらい経った頃、朝ロッカーでいつも一緒になる同僚に「財布忘れたからお金を貸してほしい」と言われました。
    バス代がないとのことだったのでお貸ししましたが、返ってきたのは3か月後でした。
    その人は同じ方法でいろんな人にお金を借りていたみたいです。

    出典:lamire
    (女性/主婦)


    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。