2022.7.15

【スッキリ】夫に家事の文句を言われて大ゲンカに発展。→夫が猛反省する“反撃の一言”を告げることに成功!

日常では何かと理不尽なことも多く、モヤモヤするような出来事はありませんか? 今回は実際に募集したそんなモヤモヤを吹き飛ばしてスカッとさせてくれる「スカッとエピソード」をご紹介します!

    離婚後に…

    夫の借金を理由に、小さな子どもを抱えて離婚しました。
    夫は私に対して「お前に子どもを育てられると思ってるのか」「子どもは2人いるから俺に似てる子だけ置いていけ」と偉そうに言ってきました。

    借金がある夫に大切な子どもを渡せませんし、兄弟(子ども)を引き離すことは絶対にしたくありません。
    私は2人とも自分で育てると決めました。

    その後、就活を頑張って安定した企業に入社し、子育てを頑張りながら資格を取り、さらに副業もしてそちらでも資格を取りました。
    子どもたちも無事に独立するまでになり、元夫を見返したと思っています。

    借金を作った情けない父親の姿こそ不要だったと確信しました。
    (女性/無職)

    亭主関白な夫

    子どもが小さい頃、私は専業主婦でした。
    妊娠するまでは働いていたのですが、つわりがひどくて夫からは仕事を辞めるように言われ、本当は働きたかったのですが会社を辞めることになりました。

    夫は亭主関白で一生懸命家事をしても細かく文句を言ってくるので、大きな夫婦喧嘩に発展。
    そのとき夫は「お前は外で働きもしないで、家事もしっかりできないどうしようもないヤツだな」と言いました。

    出典:lamire

    そのことがきっかけで、私は子どもを預けて働きに出ることにしました。
    働きながら勉強をして資格を取り、転職して収入が少しずつ増えていき、夫と同じような年収に。

    私が「共働きなんだから、あなたも家事をしてよね」と言うと、夫は「俺には家事はできない。すまないが、お前がしてくれ」と困った顔をしました。
    それ以来、夫はすごく反省したのか私の家事に対して感謝の言葉を口にするようになり、亭主関白な態度も改めてくれました。
    (女性/会社員)


    いかがでしたか?

    自分の努力によって結果を出し、周りを見返すことができると、非常にスカッとしますね。
    ネガティブな状態からうまく脱出した、素敵なエピソードでした。
    以上、スカッとエピソードでした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。