2022.7.13

【怒り】知人が“節約”のため我が家に入り浸るように。料理まではじめて…!?→「やっぱ味薄いな」じゃねーよ!

簡単に人間関係を崩してしまうお金。お金があれば不自由はしませんが、トラブルの元になることも。 今回は実際に募集した金銭トラブルエピソードをご紹介します!

    守銭奴な元カレ

    元カレはいわゆる守銭奴で、すごくケチな上に、あわよくば誰かが自分のお金を払ってほしいと願っていたタイプでした。
    付き合ってすぐのときは、見栄もあるのか、すすんで支払いをしてくれたのですが…。

    しばらく経つとジュース1本買うのも、自分の分しか買わず、たまに買ってきてくれたと思ったら「俺のお金で買ってきてあげたよ」と、恩着せがましく言ってくる始末。

    共通の友人と遊ぶ際には、手持ちがないのに見栄を張り、友人には「いいよ、いいよ」と言って、後から「あれはお前のスケジュールに合わせてやったから、あのときの支払い分返せ」と私に請求してきました。

    自分は旅行代から移動費など、諸々を「後で払うから」と1度も返してくれないのに、自分が出したものの請求はするんだな…と、とても幻滅しました。
    もっと早く別れたらよかった人ナンバーワンです。

    (女性/専業主婦)

    私の家で節約

    以前通っていたジムで知り合った人とご飯を食べに行ったり、出かけたりということが度々ありました。
    その方は出かける度にお金のことをよく口にしたり、なにかするたびに「高い」など文句をよく言う人でした。

    そのうち私の家に遊びに来るようになり「家にいたら冷房代がかかるから」と、私の家に入り浸りはじめました。
    そしてある日「おでんを作ったんだけど食べよう」と持ってきてくれたのはよかったのですが…。

    出典:lamire
    「やっぱ味薄いな」と、我が家で調味料を足しながら炊きはじめました…。
    我が家に来て節約するのはやめて!と思いました。

    (女性/会社員)


    「金の切れ目は縁の切れ目」と言うように、お金はトラブルの元になりやすいみたいです。
    お金の貸し借りをするときには慎重にしないといけませんね。

    以上、金銭トラブル体験談でした。

    次回の「金銭トラブル体験談」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。