2022.6.24

「どうしました?」病院の透析室から何度も鳴り響く“ナースコール”。しかし見に行っても誰もおらず…いったい誰が呼んでるの!?<奇妙な体験>

皆さんは不思議な体験をしたことはありますか…? 原因がよくわからない何かに巻き込まれた、なんて経験した方も中にはいらっしゃるようです…。 今回は実際に募集した奇妙な体験エピソードをご紹介します。

    亡くなった祖父のいたずら?

    先日不思議なことがありました。
    夜中トイレに行くと2階の電気が付いていて、母親が消し忘れたんだなと思っていたのですが、翌朝母に聞いてみると昨日はちゃんと消したと言うのです。

    しかも普段は確認しないけど、一度階段を降りた後にわざわざもう一度消し忘れてないかどうか確認したそうです。
    それなのに電気が点いているというのは不思議です。

    祖父の遺品が多く置いてあったからか、もしかすると祖父のいたずらなのかなと思いました。
    (女性/無職)

    謎のナースコール

    腎臓内科病棟で勤務していたときのことです。

    その病棟には透析室も併設されていました。
    血液透析は血圧の急激な変化が起こりやすく、急変のリスクがある処置なので、日中の医師が何人も出勤してるときしか稼働していませんでした。

    そんなある日の夜勤のことです。
    透析室があるため入院患者さんが少ない小さな病棟なので、看護者2名体制で、1人が休憩に入っており、私が1人で残っていました。

    すると、透析室からナースコールが鳴りました。
    見に行きましたが、もちろん誰もいません。

    ナースコールを止め、しばらくすると、また同じベッドからナースコールが鳴りました。
    やはり誰もいません。

    ナースコールの接触不良かと思い、ナースコールを外してナースステーションに持ち帰りました。
    ところが、それでも同じベッドからナースコールが鳴るのです。

    壁のランプが点灯し【エリーゼのために】が流れます。
    通常ナースコールを押すと、ナースコール自体も点灯するのですが、外してきたナースコールは点灯していません。

    出典:lamire
    見に行くのは怖かったので、ナースコールを取って「どうしました?」と聞いてみました。
    もちろん何の反応もなく、物音も聞こえません。

    仕事は他にもあったのですが【患者さんのそばにいるときは幽霊は出ない】と信じているので、もう一人の看護師が戻ってくるまでの時間は病棟の患者さんところにラウンドに行きました。
    患者さんのそばにいてもPHSでナースコールが鳴ればわかるようになっています。

    患者さんのそばにいる際はナースコールが鳴ることはありませんでした。
    もう1人の看護師が出てきてからも私は1人で休憩に入るのが怖かったので、休憩を取らずにナースステーションにいたのですが、ナースコールが鳴ることはありませんでした。

    接触不良やナースコールのトラブルではなかったそうです。
    誰が私を呼ぼうとしていたのか…今でも怖い思い出です。
    (女性/看護師)


    いかがでしたか?
    不思議な出来事が偶然なのか、はたまた“何か別のもの”なのかはわかりませんが…。
    誰かが実際に体験した話には、何か奇妙な説得力がありますよね。

    以上、奇妙な体験エピソードでした。
    次回の「体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。