2022.6.22

【誤爆LINE】「5万は高すぎるやろ!」スポーツチームのグループLINEで、合宿の連絡が。“高額な合宿費”に驚き夫に連絡したつもりが、そのままグループに誤爆し顔面蒼白!

LINEの普及で人と簡単に繋がることができるようになった現代。 とても便利になった反面、この便利さが時にはトラブルの引き金になったりして…!? 今回は実際に募集したLINEトラブルエピソードをご紹介します。

    合宿費

    子どもの所属するスポーツチームの保護者会で、グループLINEを使い連絡事項を共有しています。
    大抵の家庭が、両親ともにグループLINEのメンバーになっており、我が家も私と主人2人ともグループに入っています。

    ある日、コーチから、合宿の計画を立てている、という主旨の連絡が入りました。1泊2日の合宿費で、1人5万円をみておいてほしい、とありました。

    主人とのLINEに『5万は高すぎるやろ!』と送ったつもりが、グループLINEに送ってしまい…すぐコーチから『ですよね、減額検討します』と返信が来て、顔面蒼白になりました。

    出典:lamire

    (女性/専業主婦)

    友人に愚痴をこぼしていたら…

    友人に当時付き合っていた彼氏の愚痴をLINEで送っていて、だんだんヒートアップしてしまい、半ば面白半分で冗談でキツイ言葉も使っていました。

    そんなときに彼からLINEも来たので返信していて、友人とのやり取りと同時進行になってしまい間違えないように気を付けていたつもりでしたが…。
    案の定友人に送るはずの彼への愚痴を間違えて本人に送ってしまい、かなり揉めるハメになってしまいました。

    出典:lamire
    最終的に何とか怒りを鎮めてもらえましたが、それも引き金になったのか別れることになってしまったので後悔しています。
    (女性/主婦)


    いかがでしたか?

    誤爆なんてそんなのあるわけない…と思いがちですが、宛先確認はしっかりしましょうね。

    以上、LINEトラブルエピソードでした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    LINEのやりとりの画像に関しては、エピソードをもとに編集部で作成したものになります。