2022.7.07

【衝撃】「借りた証拠はあるの?」生活に困っていた友人にお金を貸した私。しかし“まさかの裏切り”で頭が真っ白に…。

友達とのお金の貸し借りは、ためらいますよね。やはり、お金の貸し借りはトラブルを招くようで…!?今回は実際に募集したトラブルエピソードをご紹介します!

    友人にお金を貸して…

    友人に「生活が苦しいから2万円貸して欲しい」と頼まれました。
    自分は家族以外とは金銭の貸し借りはしないようにしていたので、最初は断ることに。

    しかし「本当に生活が厳しいので、助けてほしい」と言われ、さすがに断れず…。
    「来月必ず返すから」と言っていたので、それを信じて貸すことにしました。

    その友人とは1年ほど付き合っていたので、それなりに信用していました。
    ところがお金を貸してから1か月半ほどが経っても、その友人からお金が返ってくることはなく…。

    少し心配になった私は、その友人に電話して返済の件を聞いてみることに。
    すると、なんと「お金なんて借りていない」と言い出したのです。

    一瞬、頭が真っ白の状態になりました。
    そして、その友人から「私からお金を借りたという証拠はあるのか」と言われました。

    確かに証拠はなく、あくまでも口約束のみでした。
    しかし、まさか友人に裏切られていたとは…。

    結局、その友人とはその日を境に決別しました。

    (40代/自営業)

    出典:lamire

    光熱費を踏み倒した知人

    もともと専業主婦だったこともあり、離婚後は無一文でひとり暮らしをすることに。
    生活に慣れてきた頃、たまたま家を探している知人がいたので、私が住んでいる家の空いている部屋をしばらく貸すことにしました。

    光熱費は折半することになっていましたが、全て私名義だったこともあり、退去後の光熱費は後日支払ってもらうように約束しました。
    しかし、1か月以上経っても一向に支払う気配がなく、しまいには連絡が取れなくなってしまう始末…。

    かろうじて数万円の家賃は払ってもらっていたものの、光熱費込みで毎月請求しておけばよかったと後悔しています。

    (32歳/アルバイト)


    いかがでしたか?

    どちらも恩を受けたとは思えない仕打ちです…!
    お金のトラブルはやはり怖いですね…。

    以上、トラブル体験談でした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。