2022.6.14

叔父「私が相続する!」父からは、”娘の私が相続する”と聞いてたのに…。お金が絡むと態度が豹変する親戚にびっくり…

みなさんは親戚の方々とは上手く付き合えているでしょうか? 大なり小なり親戚トラブルは皆さん経験があるみたいです…。 今回は実際に募集した義実家トラブルエピソードをご紹介します!

    相続問題

    実家の隣に叔父(父の弟)が住んでいました。

    叔父の家の隣に40坪程度の土地があり、私の父からは私に相続させると聞いていました。
    このことは叔父も知っていたはずだったのですが…父が亡くなった後、叔父から「私が相続するはずの土地」は叔父が相続するように聞いていた、と主張してきました。

    父と叔父はとても仲良しで、私も好きな叔父だったのですが、なぜ父が亡くなった後に土地の相続を主張してきたのかわかりません。
    その後叔父とは何回も話を繰り返し、どうやら叔父はその土地を自分の子どもや孫にあげたかったようで…。

    私も父からの思いを聞いていましたし、叔父の主張は断固拒否。

    出典:lamire
    結局その土地は私が相続した後に、叔父に金銭を払って購入してもらうことに。
    仲が良いと思っていた親戚ですが、お金や土地などの資産が絡むと態度や対応が変化するものですね…。
    情けなく悲しく感じました。

    そのことがあってから、叔父や叔父の家族とも表面的な付き合いとなってしまいました。
    (男性/無職)

    わが家の問題なのに…

    父が長患いの末に亡くなりました。

    私は実家を出ていたので、家で看病と介護をしてくれていた妹にお礼ということで、相続は放棄するつもりでした。
    それを嗅ぎつけた義実家の面々に呼び出され「あなた長女じゃないの!」「放棄なんて正気の沙汰じゃない!」と攻め立てられ…。

    相続と言っても妹が住んでいる実家くらいで本当に大したものはないのに、外野がうるさくて疲れ果てました。
    (女性/会社員)


    いかがでしたか?

    こんな親戚と付き合うとなると骨が折れそうですね。
    子どものためにも親戚とはいい関係でいたいものです…。

    以上、親戚トラブル体験談でした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。