2022.6.17

【最悪な誤爆】「僕も大好きだよ!デートしたい!」愛のメッセージを“妹に誤爆”!?すぐに隣の部屋にいた妹から叫び声が…

皆さんはLINEを誤爆してしまった経験はありますか?間違えて家族に送ってしまったり、誤字してしまった…なんてことも。今回はそんな「家族へのLINE誤爆エピソード」をご紹介します。

    無駄な出費に…

    女友達に「今仕事終わったよー」と連絡したら、間違えて家族のラインへ投稿してしまいました。
    送信取り消しを押そうと思いましたが、すでに既読がついてしまいました。

    その後の文章に「何か買っていこうと思うんだけど、何か食べたいのある?」とコメントしたところ、「寿司が食べたい」と言われ、思いもよらない無駄な出費となってしまいました。

    キーボードの送信ボタンが変換の近くにあったのが原因だったので、今はキーボードを位置を変えて誤送信を無くすようにしてます。
    (男性/会社員)

    愛のメッセージが…

    私が高校生のころ、仲の良い女友だちがいました。
    お付き合いをするというわけではなく、ただ他愛のないやり取りしている中でした。

    あるとき、その女友だちから好きと突然LINEで送られてきました。
    私もその気になって「僕も大好きだよ!デートしたい!」とその女友達に返信しようとしました。

    出典:lamire
    そしたら隣の部屋にいた妹が「はっ?マジ信じられない…」と叫ぶ声が。
    お兄ちゃんぶって「どうした!」と部屋に入っていくと、近くにあったペットボトルが投げつけられ「さすがに理解できない。」と。
    私の愛のメッセージは妹に送られ、家での居場所が狭まってしまいました。
    (男性/会社員)


    いかがでしたか?

    気軽にやりとりできるからこそ、ついつい誤爆LINEも送ってしまうのかもしれません。
    みなさんもLINE上でのメッセージ送信には十分にご注意ください…!

    以上、家族へのLINE誤爆エピソードでした。

    次回の「LINE誤爆エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。