2022.6.10

友人「今学校に着いたんだよ」→「えっ、さっき見たのは…?」いつもより早い時間に登校していた友人。しかし教室に向かうと”彼女の姿はなく”…?

みなさんは、ゾッとするような不思議体験をしたことはありますか? 今回は実際に募集した世にも奇妙な体験談をご紹介します!

    友達の姿が…

    私が専門学校に通っていたときの話です。

    当時、私は寮に住んでおり、1人で自転車通学をしていました。
    学校に近づいたころ、学校の目の前のバス停にバスが止まり、友達の姿が見えました。

    「おかしいな、いつもはもっと遅い時間に来るはずなのに。」と思いましたが、距離が遠いため声をかけずに後ろを走ってました。
    私は駐輪場に自転車を停めて、教室に入ると誰もいませんでした。

    30分後に友達が入ってきたので、「今までどこ行ってたの?」と聞くと友達は「今学校についたんだよ。何言ってんの?」と不思議そうに言われました。
    見間違えかと思いましたが、リュックや服装はバス停で見た格好でした。
    しかも、友達は個性的な格好をしており、黒いリュック・猫耳のついた星柄のパーカー、レースのショートパンツ、スニーカーを身に着けていました。
    朝にバス停で見た姿は見間違えかどうか今でも分かりません。
    (女性/無職)

    宇宙中継

    それは、私が高校生のときの話です。
    夏の蒸し暑いときでした。
    夜、家には私しかいなくて、テレビを見ていました。

    ドラマを見ていて、面白くなかったのでチャンネルを変えると地球が映っています。
    最初は、宇宙特集かなにかのやつかなと思い、みていたのですが音は静かで効果音もなし。
    まるで、生放送の宇宙中継かと思うくらいの臨場感。
    そして変だなと思い、チャンネルを変えて見るとすべて同じ宇宙中継だったのです。
    びっくりして、1度消してからしばらくしてもう1度つけると元のテレビ番組にもどっていました。


    いかがでしたか?

    みなさんはこんな不思議体験をしてみたいですか?
    この世にはいろいろと不思議で奇妙なことがあるんですね!

    以上、世にも奇妙な体験談でした。

    次回の「奇妙な話」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。