2022.6.08

「…しやがって!」「この野郎!」“電車内”でいきなり叫び出した男性。下車してからも、ホームから電車を叩いていて恐怖…!

身近なところや職場などでも、ヤバい人や不思議な行動をとる人に出会うことがありますよね。 今回は実際に募集したヤバい人エピソードをご紹介します!

    怒り狂う男性

    電車に乗っていた時、大柄でがっちりとした男性が叫び出しました。
    「…しやがって!」「この野郎!」などの怒りですが、何を言っているか分かりません。

    乗客は皆、目を合わせないようにしていました。
    男性は何かを殴るように腕を振り始めました。

    身の危険を感じましたが、次の駅で男性は電車を降りました。
    ほっとしましたが、今度はバンッという大きな音が…その男性が、ホームから電車を思いっきり叩いていたのです…。

    出典:lamire
    (女性/会社員)

    まるでゾンビのような男性

    都内の某終着駅での出来事です。

    到着した電車のドアが開いて、乗客が反対側のホームへ全員降りるなか、若い男の人が座席で座ったままでした。
    駅員に声を掛けられて立ち上がった後、千鳥足で閉まっているこちら側のドアに対してべたっと貼り付き、まるで方角が分からなくなったゾンビのように閉まっている壁やドアにベタベタと貼り付き続けます。

    こんな昼間から泥酔してるのかと思ってふと見つめてしまったら、うっかり窓越しに目が合いぎょっとしました。
    顔は蒼白なのに眼は血走っていて、目玉が飛び出るんじゃないかというほど見開いています。

    その後また見回りにきた駅員が強引に誘導する形で反対側のホームに降り、その後も柱や壁にまとわりつきながらふらふらと外に出ていったようですが…。

    もしあの時ドアが開いたのがこちら側のホームだったらと思うと背筋がゾッとします。
    (女性/主婦)


    いかがでしたか?

    人間を見た目で判断してはならないとは言いますが、できるだけトラブルは避けたいと思うのが人間の性。
    無益なトラブルに巻き込まれる前に距離を取った方がいいのかもしれませんね…。

    以上、ヤバい人エピソードでした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。