2022.6.07

「久しぶり」私の顔・名前を覚えているという人物。しかし、その人が語る”思い出話”を聞いて…→「怖くなった…」<世にも奇妙な体験>

皆さんは不思議な体験をしたことはありますか…? 原因がよくわからない何かに巻き込まれた、なんて経験した方も中にはいらっしゃるようです…。 今回は実際に募集した奇妙な体験エピソードをご紹介します。

    授業中に母の姿が…

    私が中学生のときの奇妙な体験です。

    授業中にウトウトしていた私。
    すると、遠くに先生の声が聞こえるようなまどろみの中、ふわっと母の姿が見えました。
    自宅でケーキを作っている母の姿です。

    ハッと目覚めて、夢か…と思いそのまま授業を受けました。
    学校が終わり、帰宅して制服から着替えると、母が私にチーズケーキを差し出しました。

    私が学校にいる間に作ったそうです…。
    私は授業中にそのときの母を見たのかもしれません。
    (女性/会社員)

    思い出せない…

    小学校の頃、いつも遊んでいた友人がもう一人友人を連れてきました。

    見覚えのない子でしたが「久しぶり」と声をかけられました。
    全く記憶がなく、最初は私が忘れているだけかもと申し訳ない思いでしたが、その子が語る様々な私との思い出すべてに記憶がなく、行ったことのない場所での思い出に怖くなったのを覚えています。

    出典:lamire
    私の顔、名前をきちんと理解していることから相手にとって人違いという訳ではなかったようで…私の中で今だに解決しない謎となっています。
    (女性/主婦)


    いかがでしたか?
    不思議な出来事が偶然なのか、はたまた“何か別のもの”なのかはわかりませんが…。
    誰かが実際に体験した話には、何か奇妙な説得力がありますよね。

    以上、奇妙な体験エピソードでした。

    次回の「体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。