2022.5.16

【周囲からは“かわいそう”だと…】動くのが大好きで、いつも逃走してどこかへ行ってしまう長男に“ハーネス”を装着したら…<子育て体験談>

子育てには笑い話や、やらかした話はつきものですよね。 どんな親子にもそんな話が1つや2つあるみたいです。 今回はそんなパパママから募集した子育て体験談をご紹介します!

    よく動きまわる我が子

    長男は新生児の頃からよく動く子で、寝返りを打たないはずの2〜3か月の時期からよく布団からはみ出て動き回っていました。
    1歳を過ぎ、歩くようになってからは…目を盗んで逃走するようになり、2歳近くになるとスーパーでお会計をしている間に逃走してエレベーターに乗り、ボタンを押して上の階まで1人で行ってしまったりしていました。

    こうなると命の危険も生じてくることから、世間では賛否両論のあるハーネスを装着し、行動していましたが…。
    周囲から聞こえる「かわいそう」の声。

    外から無責任に文句を言うのは本当に簡単だなと思いました。
    一時は家で過ごすのが多くなるくらい病んでいたのですが…なんせ長男は動くのが大好きな子だったので、開き直って毎日のように公園で発散させ、理解してくれるお友達と遊んでもらい、月日を過ごしました。

    あれから10年、長男はだいぶ落ち着き、今ではスポーツ大好きな仲間思いの子に育っています。
    今2歳児の時期を育てているお母さん、本当にお疲れさまです!

    今は大変だと思いますが、いつか「あのとき頑張ってよかった!」と懐かしく思う日が来ると思います。
    楽しんで、頑張ってください!

    (女性/専業主婦)

    離乳食作り

    初めての育児で苦労したのは離乳食作りです。
    初めての子なのもあって、敏感になりすぎてしまい、毎回メニューに頭を悩ませました。

    台所にいる時間が長くなり、これはきっと好きだろうと手間も時間もかけたメニューに限って全然食べなかったり…。
    頑張って作ったものを食べてもらえないということが本当に辛く、子どもと一緒に泣いてしまったこともありました。
    (女性/専業主婦)


    いかがでしたか?

    楽しいこともあれば、辛いこともあるのが育児。
    今しかない子どもの瞬間を、ぜひ楽しんで過ごしてみてはいかがでしょうか?

    以上、子育てエピソードでした。

    次回の「体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

      「うつるぞ!逃げろー!」唯一の“逃げ場”だった学校も、弟の入学で…<弟が生まれて壊れた母との18年間>