2022.4.18

【恐怖】「もう保育園に預けられない…」初めて利用した近所の一時預かり保育園。しかしこれが原因で、その日の夜“とんでもない事態”が…!?

幼かった我が子も成長し、保育園、幼稚園へと入園。 そんな喜びも束の間、ママ友との交流、園での謎ルール、しつけの強要などなど…園トラブルに悩む人も…!? 今回はそんな皆さんの投稿から集めたエピソードをご紹介します。

    一時預かり

    私の子どもが1歳だったときに、近所の一時預かり保育園に初めて預けてみました。
    「お迎えの時間は厳守でお願いします」と強い口調で言われ、保育士さんの感じもとても悪く、モヤモヤ心配しながらもお預かりをお願いすることに。

    その日の夜、家で子どもが嘔吐とひどい下痢をしてしまい…。
    嘔吐物の中からはとても大きな消化不良のワカメが出てきました。

    ちゃんと細かく切って食べさせていないのか…。
    さらに高熱であまりにも体調が悪くなってしまったため、夜に急患で診察を受けると、胃腸炎をもらっていたのもわかりました。

    子どもに悪いことをしてしまったという気持ちがその後も消えず、保育園に預けることが出来なくなりました。

    (女性/専業主婦)

    名前間違い

    息子を4月から0才クラスに入所させることに。
    当時息子は11か月で離乳食も進んでいましたが、保育園では離乳食+ミルクを飲んでいました。

    ある日、「昨日飲ませたミルクの賞味期限が切れていた」と保育園から電話が。
    ミルクは保育園の調乳室で管理されていたものでした。

    期限切れに気づかないまま飲ませることもありえないですが、その謝罪の電話で息子の名前を間違えられ…。
    「誰に謝っているんだよ!?」とキレ気味に名前間違ってますと訂正。

    翌日、夫が保育園に送って行った際、直接謝罪があったそうですが、そのときも名前を間違えて呼ばれたそうです。
    それ以来、私はその先生を無視しています。

    (女性/栄養士)


    園生活では、様々なトラブルが起きているようですね。
    トラブルを回避するには適度な距離感が必要なのかもしれません。

    以上、保育園・幼稚園トラブル体験談でした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。