2022.4.13

【イラっと】「市販のものは絶対体によくないから」スーパーで離乳食を買おうとすると”実家がお金持ち”のママ友が。中途半端な知識で長々とアドバイスされ…?

皆さんの周りに、ちょっと厄介なママ友さんは居ませんか?そんなママ友とは距離を取って接したいですよね…。 今回は実際に募集したママ友トラブルエピソードを2本ご紹介します!

    「感覚が合わないママ友」

    スーパーで真空パックの離乳食を購入しているとき、ママ友にばったり会いました。
    我が家は共働きの平均的な核家族だと思いますが、そのママ友は実家がお金持ちらしく、金銭感覚が違うのは前々から感じていたのですが…。

    そのときも「工場で作られたものは絶対体によくないからやめておいたほうがいい」と中途半端な知識を添えて長々とアドバイスをしてきて…。
    「手作りがいいことは百も承知で、でも共働きでどうしても時間を短縮したいときがあるからストックしておいているのだ」ということは、彼女に伝えずに、作り笑顔で我慢しました…。

    「無駄な心配をしてくるママ友」

    ある日、子どもの学校のクラス役員を引き受け、連絡物など作成する係になりました。
    すると、東京から引っ越してきた何かとエリート志向なママ友から「えー?お便り作るんですよね?大丈夫なんですかー?!」としきりに心配されて…。

    何の心配なのか分からないし、お便りを作るという能力がない、と思われてたのか何なのか、イライラしました…。


    いかがでしたか?

    こんなママ友だと距離を取って接したいですよね…。
    狭いコミュニティだからこそ、付き合う人は選びたいと思えるママ友トラブル体験談でした。

    次回の「トラブル体験談エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。
    分からないし、お便りを作ったりという能力がないと思われてたのか何なのか…よくわからずイライラしました。