2022.2.10

【誰もいないはずなのに…】なぜか停止するエレベーター。実はこのマンション、“事故物件”で…!?

みなさんは、身の毛もよだつ“心霊体験”をしたことはありますか? 今回は実際に募集した心霊体験エピソード「奇妙なエレベーター」をご紹介します!

    奇妙なエレベーター

    結婚前に、まだ仕事をしていたころの出来事です。
    当時は就職して最初に住んだアパートから、諸事情で新しいマンションに引っ越したばかりでした。
    私は6階に住んでいて、そのマンションは1階に飲食店の店舗、2~3階が企業のオフィス、4~6階が賃貸マンションという作りでした。

    ある日

    ある日の深夜、飲み物が切れていてマンションの1階に自動販売機があるので、そこで買ってこようと部屋を出てエレベーターに乗りました。
    休日の前の日で、夜更かしをして本を読んでいたので、時間は夜中の1時ごろだったと思います。

    昔から仕事で遅くなったりすることもあったので、夜中ですが怖いとは思っていませんでした。

    何故か3階で…!?

    いつも通りエレベーターに乗って、1階のボタンを押しました。
    エレベーターの中には他に誰もおらず、この時間なのでどの階にも停まらないだろうと思っていました。

    それなのに、その日は3階で停まったのです…。
    扉が開いて、照明が消えて真っ暗なフロアが見えましたが、そこには誰もいませんでした。
    階段でおりたのかもしれないと思って、その時は気にしませんでした。

    しかし、その後も何度も3階でエレベーターが停まっても、誰も乗ってこないことがあり、さすがに気味が悪くなりました。
    企業のオフィスなので深夜は誰も居ないはずなのですが…。

    実は…

    そこには1年ほど住んで、もっと条件の良い物件に引っ越しました。
    引っ越しの後、手伝いに来てくれていた知人が「あのマンション、部屋は綺麗だけどエレベーターはちょっと不気味だったね」と話してくれました。

    後から調べたら、他の部屋で変死があった事故物件だったことがわかりました。


    いかがでしたか?
    そのマンションは事故物件だったようですね…。
    賃貸を探す際には必ず調べたほうがいい、そう思わせる心霊体験エピソードでした。

    次回の「心霊体験エピソード」もお楽しみに♪
    ※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。