2022.1.29

「30万くれる?」娘に生活費を強請る母。娘は家族のために”借金を背負う”ことに…!?→編集部おすすめ記事「母の母役がうんざりなので娘をやめることにしました。」

lamireの大人気コンテンツ”連載漫画”の中から、編集部のおすすめ記事をピックアップ! 今回はくずゆ@カップルエッセイ(@_kuzuyu_)さんの「母の母役がうんざりなので娘をやめることにしました。」のあらすじやイチ推しシーンをご紹介します。

    「母の母役がうんざりなので娘をやめることにしました。」

    しっかり者で自信に溢れる学生時代を過ごした、くずゆさん。
    しかし大学を卒業し社会に出た途端、苦難の連続…。

    自信を培ってきた人生は一転、自分は社会に向いていないと思うほどコンプレックスの塊になってしまいます。

    あるとき、その原因が”自分と母との関係性”に原因があると気づきました。
    たまたま手にした本に書かれていた「毒親の特徴」が、くずゆさんの実母にぴったりと当てはまってしまったのです…。

    イチ推しシーン:弟の進路が美大!?


    出典:instagram
    「私にはあんなに私立無理って言ってたのに…?」

    楽しい大学生活を過ごすくずゆさんは、母との時間にストレスを感じにくくなります。
    しかし帰省中に弟の進路を聞くと、母から衝撃の一言…。
    弟は美大を志望しているようですが、学費は一体どうするつもりなのでしょうか…!?

    イチ推しシーン:母の”自己中”な言動


    出典:instagram

    就職後、順調に働くくずゆさんの元に母からの連絡。
    生活に必要なお金が無くなった母は「あなたのピアノを売る」と言い出します。

    もちろん思い出のあるピアノを売ることには反対のくずゆさんですが、母は30万円がないと生活できない、とくずゆさんの意見を聞かない様子…。
    そして、「くぅちゃん(くずゆさん)が代わりに30万くれる?」とねだってきました。

    お金がないことを理由に苦しい思いはしたくないくずゆさんは、母に30万円を貸す約束をしてしまうのです。
    しかし、現状は月給の少ない新入社員。
    くずゆさんは”ある方法”で30万円を用意し、地獄を見ることになるのでした…。

    今回は編集部おすすめ漫画「母の母役がうんざりなので娘をやめることにしました。」をご紹介しました。
    あらすじが気になった方は、ぜひ本編も読んでみてください♪