2011.9.02

大人スイーツ?京都の日本酒を使ったカステラ「酒粕ていら〜saketella〜」登場

菓秀苑森長が京都の竹野酒造と、日本酒を使ったカステラ「酒粕ていら〜saketella〜」を販売開始。

「酒粕ていら〜saketella〜」は、京都で開発、栽培された貴重なメイドイン京都の酒造好適米「祝」で作られた『弥栄鶴 山廃純米七〇(やさかつる やまはいじゅんまいななまる)』と熟成された純米吟醸酒の酒粕を使用。ふんわりと日本酒の香りが漂い、純米吟醸の酒粕がコクと風味が引き立つカステラに仕上がった。

なお、この商品は、オンラインで経営が学べるBBT 大学(ビジネス・ブレークスルー大学、本社:東京都千代田区、代表取締役:大前研一)が産学連携の一環として両社の取り組みに参加。
開発途中の試作品の試食会を行い、facebook で投票を行ったり、商品名とキャッチコピー案を決めるコンテストも開催された。

酒粕ていら〜saketella〜
■価 格:998 円(税込/送料、クール宅急便手数料別)
■サイズ:250g
■賞味期限:30 日(常温保存)
■原材料:砂糖、鶏卵、小麦粉、水あめ、酒粕、弥栄鶴(清酒)
■販売:菓秀苑森長本店、アミュプラザ店(長崎)、楽天、Yahoo!ショッピングなど

株式会社菓秀苑森長
竹野酒造有限会社
ビジネス・ブレークスルー大学

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。