2012.6.30

「ななや」がありえないほど濃い抹茶ジェラートのネット限定販売開始!

~ジェラートの域を超えた「超高級抹茶冷菓」をお届け~

静岡抹茶を使用した菓子の製造・販売を行う「ななや」を運営する丸七製茶株式会社が、
藤枝産静岡抹茶を使用した濃厚抹茶ジェラートを7月1日よりネット限定で販売開始する。

■人気の抹茶ジェラートに最上級の濃厚ジェラートが誕生!
静岡県内の藤枝本店、静岡青葉通り店だけで販売している抹茶ジェラートは最高級の石臼挽き藤枝産静岡抹茶を使用している。また、抹茶の濃さがNo.1~No.7までの7段階の濃さを選んで楽しむことができ、茶処静岡の消費者から大変人気を博している。
有名プレミアムアイスクリームでも抹茶の濃さは同社の一番薄いNo.1と同等な程で、同社の抹茶ジェラートはその濃さに加え、美しい緑色、馥郁とした上品な香り、ミルクと相性良く絡み合う抹茶の味わいというグレード感の差を感じることができる。
さらに“世界で一番濃い”No.7(当社調べ)はそのNo.1の濃さのおよそ7倍にもなる抹茶ジェラート。

■お取り寄せ方法について
この“世界で一番濃い”抹茶ジェラートNo.7を含め、No.1、No.3、No.5の4段階に加え、ほうじ茶、玄米茶、和紅茶、プレーンミルクを加えた8種×130mlカップ各2個入りの16個セットをネット限定商品として発売する。
保冷パッケージとクール便の送料込みで全国一律5,800円にてお届け。

お取り寄せ先のURL: http://ocha-rakuen.shop-pro.jp/

■藤枝産静岡抹茶について
日本一のお茶処静岡は徳川家康が駿府城に居たころに静岡抹茶が作られたという説があり、その後1988年に丸七製茶が藤枝市(旧岡部町)で4人の農家とともに始めて抹茶原料である碾茶製造を始め、抹茶工場を建設したのが始まり。
その後、日本国内だけでなく海外パティシエに使用され、年々静岡抹茶の評価が高まり、現在では160人以上の生産農家とともに三大産地の一画を占めるまで成長。
丸七製茶では、藤枝産静岡抹茶の品質の良さをより地元の人たちにもより親しんでもらうことを目的として静岡抹茶スイーツファクトリーを作り、直営店“ななや”を2010年7月7日にオープンさせた。

丸七製茶株式会社



※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

RANKING