2016.7.15

「全日本マカロンコンクール」マカロンレシピ募集中 最優秀作品受賞者はフランス大会出場権!

macaron1

全日本マカロン協会が主催する「全日本マカロンコンクール」が初開催。2016年8月31日(水)まで応募者を募集している。

フランスでは毎年行なわれている「マカロンコンクール」が、今年日本で初開催。
応募規定は、フランス・マカロンコンクールの規定に準じており、製菓製造業及び販売業における製造従事者、製菓学校の生徒の参加は不可となっているが、広く一般から受け付けている。
エントリーはまず、「全日本マカロンコンクール」の応募フォームから、出品作品の画像や出品作品のレシピを応募。10月9日に優勝作品の発表と記念式典が行われる。
最優秀作品出品者は、2017年年5月に開催予定のフランス・マカロンコンクールの本選に出場する権利を与えられるほか、理事のお店で再現した作品を販売してもらえる。

また今回の「全日本マカロンコンクール」、審査員を務めるのは、今注目を集めているパティシエたちで構成された理事・副理事である以下の豪華メンバー。
江森宏之氏、菅又亮輔氏(Ryoura)、金井史章氏(UN GRAIN)、猿舘英明氏(Ma Priere)、上霜考二氏(Avranches Guesnay)、捧雄介氏(Patisserie Yu Sasage)、廣瀬達哉氏(VOISIN)、伊藤文明氏(Maison Douce)、中野慎太郎氏(Shinfula)、森田一頼氏(Libertable)、フレデリック・マドレーヌ氏(Le Pommier)。
自分の作品をシェフたちに認めてもらえるチャンスとも言える。
macaron2

<応募要項>
全日本マカロンコンクール
応募締切:2016年8月31日(水)
応募内容:参加者氏名 / 生年月日 / 住所 / 職業 / 電話番号 / メールアドレス / 出品作品のタイトル / 出品作品の画像3枚(1.使用した全ての材料が判別できるもの。2.断面図。3.仕上がり) / 出品作品のレシピ
参加費:3,240円(消費税込)
結果発表・表彰:10月9日に優勝作品の発表と記念式典開催
賞品:最優秀作品(平成29年5月に開催予定のフランス・マカロンコンクールの本選に出場する権利)。入賞作品以外の全ての作品に対して、審査委員による特別賞を贈呈。ほか豪華副賞。

「全日本マカロンコンクール」詳細・応募フォーム

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。