2021.11.14

「MAX PISTACHIO」濃厚ピスタチオプリン 開発メンバーが語る美味しさの秘密

濃厚なピスタチオの味わいが人気となっている、ピスタチオスイーツ専門店「MAX PISTACHIO」のピスタチオプリン。今回は、このプリンを開発した江口和明シェフ(パティスリー&カフェ デリーモ)とMAX PISTACHIOプロデューサー ヒキノトオル氏の対談をお届け。2人の会話から溢れるピスタチオプリンの魅力をチェック!

ピスタチオプリンの魅力

(左)ヒキノトオル / (右)江口和明

ヒキノ 第一弾商品の「ピスタチオスイーツテリーヌ」に続き、待望の第二弾「ピスタチオプリン」も江口シェフに作ってもらって、おかげさまで食べていただいたお客さんの評判もとても良いです。ありがとうございました。

江口 よかったです。でもこの「ピスタチオプリン」のピスタチオ量、多すぎですよね(笑)。
確か、試作を3種類の濃さで用意して、ヒキノさんにどれがいいって聞いたら、一番濃いやつって。
プリンじゃなくてペーストみたいな濃さのやつ(笑)

ヒキノ マックスピスタチオはどこよりもよりピスタチオを感じてもらえる商品を目指してますので。

江口 普通のプリンの場合、牛乳と卵の比率で、プリンとしての固さとかプリンの食感の調整をこだわるんだけど、今回はピスタチオの味をどれだけ感じるかにこだわったプリン。
ヒキノさんはプリンを作ろうと思ってなかったんじゃないですか?
プリンを作りたいうよりは、ピスタチオを味わうための手段がプリンだったっていう感じ。

ヒキノ あー、発想的にはそうだなー。よりピスタチオの味を楽しむための手段がプリンだった。

江口 だからペーストみたいな濃さに(笑)いい意味で。

ヒキノ ピスタチオ好きを代表して言うと、ピスタチオ好きな人は絶対そこの濃さが大事だから。

江口 プリン好きに捧ぐピスタチオプリンじゃなくて、ピスタチオ好きに捧げてますよね。

ヒキノ それは否めない。でも生クリームたっぷりで滑らかな食感は、プリン好きの方にも楽しんでもらえるはず。


江口 ピスタチオの本当の味わいを表現するには、このプリンだったってことですよね。このピスタチオの濃さ、香り、後味の余韻、それをプリンを通じて伝えたいのかなと。あとは刻みピスタチオを入れることで、よりピスタチオを感じてもらえるという。

ヒキノ そこは、僕のこだわりでもあって、刻みピスタチオは別添にして食べる直前に振りかけてもらう形にしましたけど、それはよりカリカリとした食感を楽しんでもらうため。
テリーヌもそうですけど、最初からかかっている商品だったら、ピスタチオがシナシナして、気持ち悪い食感になってしまうんですよ。食べる直前に振りかけてもらうのが一番ベスト。そこは譲れない(笑)
あとは、その食感が加わることで、より「ピスタチオを食べてるんだ」と脳が理解するというか、感じる香りも増しますし、なのでこの刻みピスタチオのトッピングはマックスピスタチオでは絶対必要アイテムと思ってます。

江口 今回、例えばアイスにしなかったっていうのも理にかなっていて、アイスだとピスタチオの味って飛びやすいんですよ。冷蔵の6度ぐらいの温度帯っていうのが味が伝わりやすくて良い。
冷凍だと味が伝わりにくいから、もっとピスタチオを入れないといけないし、それだと値段もさらに上がっちゃうし。

ヒキノ 今、コンビニとかで売っているピスタチオスイーツやアイスは値段は安いですけど、使っているピスタチオはだいたいアメリカ産だし、ほとんど香料とかアーモンド使ったりとか、作られたピスタチオ味ですからね。
その点、マックスピスタチオは、香料も着色料も無し、余計な混ぜ物をしてないから、より本物のピスタチオの味を感じてもらうことができると思ってます。

江口 皆さんにわかって欲しいのは、世の中いろんなピスタチオスイーツが出てるけど、ピスタチオの味わいを”作ってる”場合もある。

ヒキノ 量販のやつは特にね。人それぞれの好みなので、良い悪いということではないけど、本当のピスタチオの味を知りたい場合は、ちょっと高くても、本当の味を楽しめるピスタチオスイーツを食べてもらいたいです。マックスピスタチオを。

江口 ホンモノのピスタチオを知りたかったらやっぱりマックスピスタチオでしょ!

江口 今回は、より同じ方向を向いているヒキノさんとまたご一緒させていただいて良かったです。
でも、ヒキノさんってほんとおかしくて、こんなに濃くしなくてもいいのにめっちゃ濃くしてるんですよ。僕ならこの味では出さない(笑)
僕はショコラティエなので、ショコラとか他の素材との相性、組み合わせを重視して掛け算をやるけど、ヒキノさんは、ピスタチオの純度を100%に近づけるために余計なものは省いていく引き算。

ヒキノ 確かに。ピスタチオ以外の味はいらないって思って作りましたからね、今回。なので、ピスタチオ好きな方には是非食べてみてほしいです。コンビニのピスタチオスイーツでは物足りないという方に特におすすめですし、コンビニのも好きという方にも、ぜひマックスピスタチオを食べて、こういう味もあるんだというのを知ってもらいたいです。

<商品概要>
MAX PISTACHIO「ピスタチオプリン」
価格:4個セット 2930円(税込)
販売場所:Cake.jpサイト(通販)
※冷凍便でお届け。解凍してお召し上がりください。

ピスタチオプリンについて
イタリア・シチリア島産のピスタチオをふんだんに使った、本物のピスタチオの味わいを楽しめる超濃厚ピスタチオプリンです。
素材の味をお楽しみいただけるよう香料・着色料は不使用です。
刻みピスタチオのトッピングを付属しているので、食べる際にお好みで振りかけてください。カリカリの食感が加わることで、よりピスタチオを感じることができます。

江口 和明
東京生まれ。父は和食の料理人、母は栄養士という環境下で食の感性が磨かれた。ショコラティエとして修業してきた経験・技術を生かし、日々ショコラスイーツの創作に励む。徹底的に素材にこだわりながら、精緻な技巧を駆使して創り上げるその絶品の数々は、どれも斬新的な美しさを見せる。
2013年「Pâtisserie&Café DEL’IMMO」を赤坂にOPEN。立ち上げ時よりシェフパティシエ/ショコラティエに就任。
Youtube「KAZUAKI EGUCHI / チョコレートのプロ:ショコラティエ Chocolate」

ヒキノ トオル
「MAX PISTACHIO」プロデューサー。長年の構想期間を経て2020年にピスタチオスイーツ専門店「MAX PISTACHIO」をスタート。
第一弾商品として、希少価値の高いイタリア・シチリア島産のピスタチオを使った「ピスタチオスイーツ テリーヌ」をオンライン限定で販売。開発・製造をピスタチオ好きのパティシエ 江口和明シェフに依頼し、味はもちろん、素材、食感にこだわった唯一無二のこだわりスイーツを完成させました。
https://www.instagram.com/amadan_hikki/

「MAX PISTACHIO」ホームページ