2021.8.25

芸術の秋 アートな秋デザート「ストリングス・パフェ」が登場

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル26階、カフェ&バー「リュトモス」で2021年9月15日(水)~11月30日(火)まで、「ストリングス・パフェ」の秋のフレーバー2種が提供されます。

アーティスティックな2種類のストリングス・パフェ


今回登場の「ストリングス・パフェ」は、エグゼクティブペストリーシェフ 長田 学(おさだ・がく)氏が“栗”と“水晶文旦”ほか柑橘類をフレーバーにセレクトし、芸術の秋にふさわしいパフェとして考案しました。それぞれ旬の食材の味わいを引き出せるように細部までこだわり抜かれた逸品です。食べ比べをしたい方のために、選べるドリンクが付いたパフェ・ラバーに人気の“デュオ・パフェ”セットも引き続き販売されます。ティータイムだけでなく、ディナー後の“〆パフェ”としても楽しめるラインアップです。

 

「マロン」


深紅やパープルの美しいレイヤーで構成された“マロン”は、マロンクリームやパンナコッタをはじめ、食感が楽しい細かく刻んだマロングラッセ、ほっくりとした渋皮煮と、栗をふんだんに使用されたパフェです。ラム酒が香るカスタードクリームは栗の味わいを引き立たせます。
さらに栗との相性の良いカシスジュレやパンナコッタが加えられたことにより、ほのかな酸味が全体を引き締め、栗の豊かな美味しさが引き出されています。食べ進めるほどに重なる味や食感の変化を楽しめる、秋ならではのエレガントなパフェです。

 

「秋シトラス」


オレンジカラーが鮮やかな“秋シトラス”は、この時期に美味しさのピークを迎える水晶文旦やみかん、ピンクグレープフルーツなどのシトラスフルーツが主役です。フレッシュな柑橘をはじめ、オレンジやベルガモットのジュレなどに、甘味とほのかな苦さが魅力のキャラメルのパンナコッタやシャンティがペアリングされています。
チョコレートシャンティやパンナコッタ、クッキークランチがアクセントとして重ねられ、爽やかなシトラスフルーツの酸味やキャラメルのほろ苦さ、甘味の絶妙なハーモニーです。香り、甘み、酸味、苦み、食感と細部までこだわり尽くした、贅沢な大人パフェです。

 

<商品概要>
「マロン」「秋シトラス」
価格:各3080円(税込,サービス料15%別)

「デュオ・パフェ」(パフェ2種とドリンクのセット)
価格:6050円(税込,サービス料15%別)

販売期間:2021年9月15日(水)~ 11月30日(火)
販売時間:11:30~20:00(L.O.18:30)※今後の情勢により変更の場合がございます。
ご予約・お問い合わせ:公式サイト または 03-5783-1258(レストラン予約直通)

 

<店舗概要>
販売店舗:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル26階
カフェ&バー「リュトモス」
住所:東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー26F-32F
「ストリングスホテル東京インターコンチネンタル」公式ホームページ