置いたり、吊るしたり、入れたり…実は色々あるグリーンの飾り方

[記事公開日]2018.5.28
[最終更新日]2019.2.21

みなさんはお部屋にグリーンを置いていますか?植物は空間に彩りをプラスしてくれるだけでなく、癒し効果も抜群。「私の家、植物を置くスペースがないんです…」という人もいるかもですが、今は"置く"以外にも、吊るす・かける・入れる…!?などなど、お部屋の形・雰囲気に合わせて色々な飾り方を楽しむことができるんです。おすすめアイテムと共に、取り入れ方のヒントをご紹介♡

グリーンの飾り方は置く…だけじゃないんです!

インテリアの1つとして、また癒しアイテムの1つとして、グリーンをお部屋に取り入れている女性が年々増加しています。植物はお部屋に彩りを与えてくれるだけでなく、リラックス効果も抜群♡ 品種によっては1週間に1度の水やりでOKなものもあるので、働き盛りでちょっぴりおつかれ気味な大人女子にこそ、ぜひ取り入れて欲しいんです!

haco!のフラワーベース出典: ZOZOTOWN

「そんなこと言っても…、置くスペースがございません!」という人もいるかもしれませんが、今は”置く”以外にも吊るす・かける…などなど、飾り方も多種多様。おすすめのアイテムとともに、取り入れ方のヒントを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください♡あなたのお部屋に合った飾り方がきっと見つかるはずですよ。

 

 

 

お部屋の作りや雰囲気に合わせて。グリーンの色々な取り入れ方

定番の”置く”をはじめ、吊るす・かける・入れるの4つの飾り方を紹介。自分のお部屋の作り・雰囲気を想像しながら、1つずつ見ていきましょう♡

 

 

グリーンの取り入れ方①▶︎置く

haco!のフラワーベース出典: ZOZOTOWN

やはり定番は”置く”飾り方ですね。大きい品種を飾る場合にはある程度のスペースが必要ですが、その分存在感は抜群!お掃除の時の移動が大変…など、色々と不便なことも多いけど、そのありのままの生き生きとした姿から元気をもらうことができます。大きめの植物から、小さめの植物まで、種類・サイズを問わず取り入れることができる飾り方です。

 

 

グリーンの取り入れ方②▶︎吊るす

haco!のフラワーベース出典: ZOZOTOWN

最近流行っているのが、ハンキングプランターなどと言われているこの”吊るす”飾り方。「吊るすだけで空間が一気におしゃれになる!」とインテリア好きからも好評なんです。大きめの植物は難しいですが、落ちちゃう心配がない小ぶりなものなら問題なし。いくつか並べることで、より素敵な雰囲気に♡鉢ごと入れるだけなのに、このおしゃれさはかなり優秀です。

 

 

グリーンの取り入れ方③▶︎かける

a.depecheのフラワーベース出典: ZOZOTOWN

壁があればできる”かける”飾り方も、最近はメジャーです!土が不要でも育つエアプランツや、小さめサイズの多肉植物を入れて、飾っている人が多いみたい。室内での使用はもちろん、そのコンパクトさ×おしゃれさから、最近流行りのベランダガーデニングにも多く取り入れられています。

 

 

グリーンの取り入れ方④▶︎入れる

SPICEのフラワーベース出典: ZOZOTOWN

最後はちょっぴり珍しい”入れる”飾り方をご紹介。他の飾り方と比べると、専用のフラワーベースの種類もまだ少なめ…なんですが、植物をアートのように取り入れることができ、まるで小さなお庭のようなかわいい空間が作れちゃうんです♡つぎに流行るのはこれかも!?密かに注目を浴びている飾り方です。

 

 

 

飾り方ごとに、おすすめアイテムをピックアップ!

ここからは飾り方ごとに、おすすめのフラワーベースをご紹介。まずは定番の”置く”飾り方のおすすめから♡

 

 

“置く”のにおすすめのフラワーベース

Francfrancのフラワーベース出典: ZOZOTOWN

“置く”でも高さのあるフラワーベースなら、また違った印象に。小さめの植物も高さを出してあげることで、迫力のあるディスプレイを演出できます。

 

SPICEのフラワーベース出典: ZOZOTOWN

“切り花を飾るもの”というイメージが強い花瓶ですが、実は植物との相性も◎なんです。サイズの異なる花瓶をいくつか置くことで、インテリア性も高まります。

 

 

“吊るす”のにおすすめのフラワーベース

 

niko and...のフラワーベース出典: ZOZOTOWN

どんなインテリアにも馴染みやすい木製のフラワーベース。2連になっているので、華やかでボリューム感もたっぷり。天然素材ならではの、温かみあるデザインです。

 

SPICEのフラワーベース出典: ZOZOTOWN

白い大小のボウルが連なったフラワーベースは、どこかレトロチックな見た目。木製とは、また雰囲気が変わりますね。紐は麻素材なので、思っているよりインテリアとの馴染みは◎。窓辺のスペースに吊るしてもおしゃれです。

 

 

“かける”のにおすすめのフラワーベース

niko and...のフラワーベース出典: ZOZOTOWN

古木をリメイクして作られた、雰囲気満点のウッドポット。ドライフラワーやフェイクフラワーを飾る時におすすめです。木製なので、どんな空間にもナチュラルに溶け込みます。

 

a.depecheのフラワーベース出典: ZOZOTOWN

インテリア性の高いブリキ製のフラワーベース。ブリキのシャビーさが、グリーンの水々しさを見事に惹き立ててくれるんです!取り入れるだけで、まるでおしゃれなカフェのような雰囲気のある空間に♡

 

 

“入れる”のにおすすめのフラワーベース

SPICEのフラワーベース出典: ZOZOTOWN

生け花を絵のように飾ることができる、立体的なウッドフレーム。インテリアに馴染むナチュラルなデザインは、グリーンをかわいく取り入れたい女性に人気。フックつきなので、小さめの植物なら壁にかけることも可能です。

 

SPICEのフラワーベース出典: ZOZOTOWN

植物を入れて飾るフラワーベースの中には、こんな珍しいアイテムも…!大きなハウス型のテラリウムで、ボタニカルアレンジやフラワーアレンジはもちろんのこと、ポットに入った植物も丸々入れることができるんです。テラリウムに入れることで、お部屋の一角がおしゃれなお庭に大変身!洗練されたデザインで、インテリア性も抜群♡

 

 

 

自分なりの方法で、お部屋にグリーンを取り入れましょう♡

haco!のフラワーベース出典: ZOZOTOWN

置く以外にも、グリーンの取り入れ方は様々あります。今まで「スペースがないから…」と諦めていた人も、自分のお部屋に合った飾り方にぜひトライしてみて!

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事