意外な真実?新調するならもっぱら”似たような服”がおすすめな理由

いつもの自分、いつもとはちょっと雰囲気が違う自分。ファッション次第でいろんな自分を彩れるけど、やっぱり落ち着くのは自分らしさが光るアイテム。この春買い足す服は手持ちアイテムと似ていて、どこか違うデザインがおすすめなワケ、知っていますか?

“かわいい”より”自分っぽい”がこの春買い足す服

トレンドアイテムに心惹かれたり、違う系統の服に目が奪われたりすることもあるけれど、結局使えるのは自分らしい、似たような服たち。新しく買う似た服のメリットってこんなのがあります。

ベージュのシャツワンピを着た女性出典: WEAR

 

似た服はコーデ慣れしてる!

ひとつは、手持ちのアイテムと使い方が近いからコーデ慣れしているということ!似ているからこその使い勝手のよさは、ほかに替えることのできない大きなポイントになります。

 

“ちょっと違う”が新鮮に使える

いつもの自分らしいアイテムだけどマンネリ化せずにいられるのは、”似ている”からこそ。手持ちからちょっぴり変化をつけたデザインなら、慣れていながらも新鮮な気持ちを味わうことができるんです。

 

今回は類似定番アイテムで使いやすさそのままに、ひと味違うファッションを楽しむ術をご紹介します♪

 

 

 

シャツが好きな人

清楚できちんと感まで叶えてくれるシャツは、定番であり大人女子には欠かせないアイテム。いつものシャツとはちょっと違うアイテムで、効率よくコーデの幅を広げましょう!

 

ロングシャツで着方を変える

ネイビーのロングシャツにデニムパンツを履いた女性出典: ZOZOTOWN

ロングシャツ、シャツワンピと呼ばれる丈の長いシャツは、女性らしい雰囲気を作り出すのにぴったり。下にパンツを合わせるのもおしゃれだし、ベルトを巻いて1枚で着ることができるのでこれだけでも楽しみは膨らみます。シャツのきちんと感を活かしたレディライクは、ロングシャツにおまかせあれ。

 

白のロゴT、レギンスにストライプのロングシャツを着た女性出典: WEAR

羽織りとしても活用可能なロングシャツ。シンプルなカジュアルコーデに羽織るだけで、ガウンよりもこなれ感が出てきそう。ストライプ模様なら春夏らしい着こなしができておすすめです!

 

 

抜け感のある開襟シャツ

カーキのシャツに黒のボタニカル柄パンツを履いた女性出典: ZOZOTOWN

シャツ派の人が程よいラフを目指すなら、圧倒的に開襟シャツが使えます。スタイリングいらずでおしゃれ感が出るし、ハズしすぎないデザインはほかにない絶妙なバランス感覚。きちんと感のあるタイトスカートやテーパードパンツを合わせてよし、写真のような柄パンツで着こなすのも◎

 

 

夏に向けたリネンシャツ

白のスキッパーシャツにカーキのリボンパンツを履いた女性出典: ZOZOTOWN

シャツ好きの夏は、リネンシャツなしには迎えられません!独特な清涼感とハリはリネンシャツならではで、大人女子の魅力を引き立ててくれること間違いなし。いつものコットンシャツからリネンシャツに替えるだけでリラックス感が演出できます。

 

 

 

デニム好きな人は

カジュアル派の支持率は圧倒的なデニムアイテム。とくにデニムパンツは1本は持っているのではないでしょうか?とはいえデニムパンツと一括りにいっても色や形は様々。デニム派の人はデニムを買い足して、いつもとちょっと違う…を実現しましょう!

 

 

いつもの形は色を揃えてみる

濃→淡、淡→濃へ

白のTシャツにデニムパンツを履いた女性出典: WEAR

デニムは好きだけど引き出しを開けてみると、大抵同じ色ばかり。なんて人、いるのでは?いつもは淡色デニムばかりでカジュアル度が強いけど、大人っぽいスタイルも押さえておきたい…と感じるなら、デニムを濃色に変えればOK。使い方そのままに落ち着いたカジュアルを作り出すことができます。

 

白のTシャツにデニムパンツを履いた女性出典: WEAR

上とは逆に白Tに淡色デニムを合わせたコーデですが、雰囲気がかなり違うのがわかりますよね。もちろん着こなし方に差はあるけど、せっかくデニム好きならいろんなカラーを持ち合わせておいて損はなし。馴染みのあるデニムパンツコーデで、自分のコーデの幅を広げましょう!

 

 

シルエットを少し変えてみる

ブルーのカーディガンにワイドデニムを履いた女性出典: ZOZOTOWN

とくにアイテムによってシルエットの差がでるワイドデニムは、ちょっと違うだけで何本持ってても使えるもの。腰回りがシンプルで無駄のないシルエットならキレイめで大人な雰囲気になれます。

 

ドット柄シャツにワイドデニムを履いた女性出典: ZOZOTOWN

逆にタックが入ったり、ヒップラインがたっぷりめな作りならカジュアルな着こなしと相性抜群。使い方も見た目も似ているけれど、実際に着ると雰囲気が変わるから色使いも含めると、コーデの組み方は変えずとも同じワイドデニムで楽しみ方はもっと膨らむんです!

 

 

 

Tシャツが好きな人

とにかく快適でお手入れもしやすく、デイリーのカジュアルコーデには欠かせない存在のTシャツ。でもTシャツばかりも…と同じアイテムばかり集まることに抵抗がある人もいるのでは?でも大丈夫。買い足すアイテムはTシャツだけで十分なんです。

 

 

種類を揃える

ポケットT

グレーのTシャツに白のワイドパンツを履いた女性出典: WEAR

なんの変哲もないただの無地TからポケットTに替えるだけで気持ちは変わります。使いやすいし、動きは出るし、なにより楽だし、Tシャツ好きな人は似ていながらもちょっとしたデザインの違いで、定番だからこそ飽きずにコーデを楽しめるはず。

 

サーマルT

イエローのVネックTシャツにデニムパンツを履いた女性出典: ZOZOTOWN

イマドキならTシャツのなかでもサーマル・ワッフルTは外せません。肌触りも見た目も、いつものコットンTとは違うけど使い勝手はそのままで、今季らしさを醸し出すことができますよ!

 

 

イロチ買いする

オレンジのTシャツにベージュのワイドパンツを履いた女性出典: ZOZOTOWN

モノトーンやニュアンスカラーなど定番色だけでなく、カラーTを買い足すとひと味違うTシャツコーデが目指せそう。とくにビビッドカラーは春夏に取り入れてほしいところだし、Tシャツなら価格帯的にも手を出しやすいものが多いのでチャレンジするならいつものTシャツで変化球を使ってみて。

 

 

柄を取り入れてみる

白のプリントTに黒のスカートを履いた女性出典: WEAR

Tシャツでも無地ばかりだと限界があるから、プリントTに手を出すのもおすすめ。コーデへの取り入れ方は同じなのに、全く別の着こなしができあがるから、快適さ・着回しやすさは残しつつ味変することができます。

 

白の花柄Tシャツに赤のスカートを履いた女性出典: WEAR

総柄もTシャツで取り入れてしまいましょう。春夏特有のラフな雰囲気はTシャツだからこそできるし、無地と同じくらい持っていると使えるから、春に買い足すなら主役Tも検討してみてはいかがでしょう。

 

 

 

やっぱり似た服が使いやすい!

4色のタンクトップが並んだ置き画出典: WEAR

誰がなんと言おうと、自分が使いやすいアイテムってあるはず。実は似たアイテムで十分幅広いコーデができるし着回しのバリエーションも増やしやすいから、これからは思う存分、自分の好きを大切にしていいかも♡

[記事公開日]2018.5.25 [最終更新日]2018.5.28

NEW POST

ファッションの新着記事

PICK UP

ファッションのピックアップ記事

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS  

RANKING

ファッションのランキング