サービス名称を lamire に変更いたしました。

今すぐ試せる♡春の「#きれいめカジュアルコーデ」をつくる4つのコツ

この春、ぜひ挑戦したいきれいめカジュアルコーデ。何だか難しそうですが、配色やシルエットをちょっぴり意識するだけで実は簡単につくれちゃうんです。さあ、あなたもきれいめカジュアルコーデをマスターして、春の着こなしをアップデートしちゃいましょう!

春のきれいめカジュアルコーデはどうつくる?

白のスカラップレースブラウスにベージュのパンツを合わせた女性

出典: WEAR

ただのカジュアルコーデは物足りないけれど、キメ過ぎは気恥ずかしい…。そんなときは、きれいめカジュアルがおすすめ。上品さもアピールできるから、きちんと感もほしい大人女子にはうってつけなんです。「でも、きれいめカジュアルってどうつくるの…?」というあなたに、今回は簡単な4つのテクニックをご紹介しちゃいます♡

 

色のチョイスが重要です

きれいめカジュアルに挑戦する上で、色のチョイスはとっても重要。ベージュやブラウンなどまろやかな色なら大人っぽく仕上がるし、手っ取り早くきれい色を投入しちゃってもOK♡色を味方につけて、お手軽にきれいめカジュアルを叶えましょ。

 

しっとり上品カラー

ベージュのトップスにブラウンのマキシスカートを合わせた女性

出典: WEAR

2018年春はアースカラーが人気。ベージュやブラウンはまとうだけでシックに仕上がる色だから、ぜひきれいめカジュアルコーデに取り入れてみて。プレーンなリブトップスやコットンのマキシスカートだって、しっとり大人っぽく見違えちゃいますよ。

 

白のTシャツにグレーのロングカーデを羽織って、ストライプのパンツを合わせた女性

出典: WEAR

透明感のあるライトグレーも、春のきれいめカジュアルにピッタリ。センスが問われるインナーのTシャツは、ポップ過ぎない小粋なプリントを選ぶのが◎ストライプのワイドパンツで、さわやかに仕上げましょう!

 

きれい色を投入

淡いパープルのTシャツにネイビーのドット柄パンツを合わせた女性

出典: WEAR

ピンクほど甘くはないけれど、フェミニンなムードを醸し出せるラベンダーは2018SSトレンドカラーのひとつ。ツヤのあるサテンのドット柄パンツでさりげなく華やかさを上乗せすれば、旬度の高い着こなしが完成します。

 

ボーダートップスにグリーンのリネンスカートを合わせた女性出典: WEAR

ボーダートップス×カラースカートは、きれいめカジュアルの鉄板。甘めなフレアスカートも、鮮やかなグリーンなら媚びすぎません。キャスケットやかごバッグが、ボーダーに合わせたマリンコーデを盛り上げてくれますね♪

 

イエローのパフスリーブワンピにデニムを合わせた女性

出典: WEAR

身体の大部分を占めるワンピースにきれい色を投入すると、着こなしがグンと華やぎます。合わせるデニムは、春らしいイエローと同じトーンのブルーを選択。スニーカーで軽く仕上げるのもアリだけれど、きれいめを意識するときはぜひパンプスを履いてみて!

 

タイトなシルエットを取り入れよう

カジュアルコーデをきれいめに寄せる際に注目したいのがシルエット。スキニーなど細身のパンツやタイトスカート、身体に沿うトップスなど、どこか一か所をタイトに締めるだけで着こなしがスタイリッシュに仕上がるんです♡

 

カジュアルボトムスは細めが◎

白のブラウスに黒のスキニーデニムを合わせた女性

出典: WEAR

きれいめカジュアルに欠かせないスキニーデニムですが、黒やノンウォッシュなど色の濃いものは効果が倍増。ボリュームのある白ブラウスに合わせて、メリハリの効いたシルエットを楽しんで。使う色数を絞るのも、シックに仕上げるコツですよ。

 

ネイビーのツインニットにセンタープレスの効いたテーパードシルエットのチノパンツを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

チノパンも、テーパードシルエットでグッときれいめに。縦ラインを強調するセンタープレスが、きちんと感とすっきり見えを同時に叶えてくれます。ネイビーのアンサンブルなどトップスを工夫すれば、オフィスカジュアルにも使えそう!

 

白の刺繍ブラウスにカーキのタイトスカートを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

カーキのミリタリースカートも、タイトなシルエットのラップデザインならラフすぎません。単色で刺した刺繍ブラウスにショルダーバッグやバレエシューズなど上品な黒小物を揃えて、ほんのりレディに着こなすことだって可能です。

 

トップスをタイトにまとめて女度UP!

コンパクトなボーダートップスにショート丈のトラックトップを羽織り、ボリュームのあるベージュのタックスカートを合わせた女性出典: WEAR

ボリューミーなスカートにタイトなトップスを合わせるフィット&フレアは、クラシカルで女性らしさを演出できるシルエット。ボーダーTシャツにトラックトップを羽織ったスポーティーな装いも、コンパクトにまとめるだけでフェミニンに仕上がりますね。

 

白のシャツワンピにデニムを合わせて、ビスチェをレイヤードした女性

出典: WEAR

シャツワンピにパンツを合わせるのが最近の主流ですが、さらに上半身をきゅっと引き締めるビスチェをレイヤード。程よく身体のラインをアピールすることで、こなれ感はそのままに女っぽさもプラスできちゃいます。

 

質感重視で1ランク上のきれいめカジュアルに

とろみのある生地や細やかな刺繍、はかなく透けるレースなどを使ったフェミニンなアイテムをカジュアルコーデに取り入れれば、上品なレディカジュアルが完成します。大人女子たるもの、質感にもこだわってきれいめカジュアルを極めちゃいましょう。

 

ベージュのブラウスにデニムを合わせた女性

出典: WEAR

とろりと甘く艶やかな生地のブラウスは、レディカジュアルに最適。あえてハリのあるデニムスカートに合わせて、質感の違いを満喫して。スカートのサイドボタンを外して、ヘルシーな色香をそっと漂わせるのもGOOD♪

 

白の刺繍ワンピースにデニムを合わせた女性

出典: WEAR

裾がスカラップになった刺繍ワンピースは、さらりと着るだけでコーデの主役になる華やかなアイテム。薄色デニムでカジュアルダウンしたり、トレンドライクなクリア素材のアイテムを盛ったりすることで、ただ甘いだけじゃない着こなしにレベルUP♡

 

ギンガムチェックのブラウスにネイビーのレースタイトスカートを合わせた女性出典: WEAR

繊細なレーススカートは、タイトなシルエットの長め丈で甘さをセーブ。上品かつクールなネイビーなら、ガーリーなギンガムチェックのブラウスに合わせても凛と着こなすことができますね。

 

黒のトップスに白のリネン混素材のセットアップを合わせた女性

出典: WEAR

リネンブレンドのワイドパンツは、大人のリラックススタイルにもってこい。お揃いのオープンジャケットをさっと羽織れば、キメ過ぎないセットアップコーデも楽しめます。涼しげな麻混素材は、これから夏にかけて重宝すること間違いナシですよ。

 

小物できれいめ要素をプラス

コーデを組むときに、意外に侮れないのが小物の力。いつものカジュアルな着こなしも、靴やバッグ、アクセサリーを換えるだけできれいめにアップデートできちゃうんですよ♡

 

白のトップスに白のカーディガンを羽織り、ベージュのストライプ柄のタイトスカートを合わせて、グリーンの巾着の入ったクリアバッグを持った女性

出典: WEAR

きれい色に抵抗がある人は、小物から試してみるのもおすすめ。白やベージュのまろやかなワントーンコーデにきれい色を効かせる合わせワザで、着こなしを一気に格上げしちゃいましょう!クリアバッグにビビッドカラーの巾着がセットになったバッグなら、感度の高さもアピールできちゃうのが嬉しいですね♡

 

白Tにベージュのミリタリージャケットを羽織ってデニムを履き、黒のチェーンバッグと赤のポインテッドトゥのバレエシューズを合わせた女性

出典: WEAR

ロゴT×デニムにミリタリージャケットを羽織ったカジュアルど真ん中コーデも、チェーンバッグやパンプスを足すことできれいめにシフトできるから、本当に小物の力は侮れません。つま先のとがったポインテッドトゥなら、ぺたんこ靴でも十分にレディ見えが叶いますよ。

 

黒のスカラップレースブラウスにチノスカートを合わせて、キャンバスとレザーのコンビのバッグを持ちゴールドのイヤーアクセをした女性

出典: WEAR

これからの季節に皮革のバッグは少し重く感じますが、キャンバスとのコンビならきちんと感をキープしつつ軽さも出せますね。デニムやチノなどカジュアルなアイテムをきれいめに着るときこそ、こんなかっちりとしたバッグや華やかなアクセサリーが大活躍してくれます♪

 

イエローのブラウスにネイビーのチノパンを履いて、黒×イエローのバッグと黒のサンダルを合わせた女性

出典: WEAR

洋服と小物の色のリンクはきれいめな着こなしの王道テクニックですが、やりすぎると野暮ったくなってしまいがち。ブラウスとバッグをイエローで合わせたら、チャンキーヒールのサンダルは黒で控えめにするのが◎紺のテーパードパンツを使った上品な着こなしだからこそ、ナチュラルな雑材のイヤリングがはずしとして効いてくれますよ。

 

きれいめカジュアルって意外と簡単♡

白ブラウスにデニムパンツを履いた女性出典: ZOZOTOWN

色のチョイスやシルエットなどをちょっぴり意識するだけで、簡単につくれるきれいめカジュアル。大人女子ならぜひとも押さえておきたい着こなしだから、あなたもこの春ぜひ挑戦してみてくださいね。

[記事公開日]2018.5.09 [最終更新日]2018.5.11