靴擦れとおさらば!シューティーで1年中トレンドコーデを楽しんで♡

パンプスとブーティーの良いとこ取りをしたアイテム「シューティー」は2016秋冬のトレンドシューズ。実はオールシーズン使え、疲れない、靴擦れしにくいという機能性も高い、万能ハイブリッドアイテム。すでに持っている人も参考にしてみてくださいね!

シューティーって?パンプスとどう違うの?

シューティーはパンプスとブーティーをかけ合わせたものです。全体の形はパンプスに似ていますが、甲の部分はブーティーのように足を包む部分が多くなっています。また、ヒールの形も、ブーティーに似て、太めのヒール(チャンキーヒール)タイプが多いです。

ベージュのシューティー
出典: WEAR

 

シューティーが流行っている理由

シューティーは、パンプスとブーティーの良いところを両方兼ね備えたアイテム。ファッション性が高いのはもちろんですが、靴としての機能性も高いのが流行っている理由なんです。

理由①抜け感が作りやすい

シューティーは、甲のカッティングが大きな特徴です。パンプスよりも狭く、ブーティーよりは広い絶妙なカッティングのおかげで、足の甲が見えるので、トレンドのファッションに欠かせない「抜け感」を簡単に作ることができます。

理由②靴擦れしない!長時間歩いても疲れない!

パンプスに比べて、甲の部分がしっかりとホールドされているため、歩いているときに靴が脱げにくいという大きなメリットがあります。また、靴が脱げないということは、靴擦れもしにくいんですね。この点だけで、シューティーをリピート使いしてしまう人もいるんです。

パンプスでパカパカしてしまって歩くのが苦痛に感じたことがある方は、一度シューティーの快適な履き心地を試していただきたいですね。もう二度とパンプスに戻れなくなってしまうかも。

理由③ほぼオールシーズン履ける!

ブーティーは暑い時期には季節外れ感が出てしまいますし、パンプスは肌の露出面が大きいですから、そもそも寒い時期にはあまり履きたくないものです。その点、シューティーは、肌の露出面が少なく、かつ適度な抜け感もあるので、ほぼ一年中履くことができるアイテムです。冬であっても、ソックスを履けばシューティーを楽しめちゃいます。オールシーズンで履けて、かつトレンド感の出せるシューズなんて、なかなか無いですよ。

黒のポインテッドシューティー出典: Instagram

 

<タイプ別> シューティー

シューティーのタイプを、甲のカッティングとトゥの形で大きく4つにわけてみました。シューティーを選ぶときの参考にしてみてくださいね!

カッティングがVタイプ

カッティングがVのような深いタイプのシューティーは、クールさやモードさを出せ、かつ脚長効果もあります。ポインテッドトゥのシューティー出典: WEAR

カッティングがラウンドタイプ

カッティングが丸っこい形のラウンドタイプは、フェミニンらしさを出しつつも、パンプスのキレイ目感をあわせて出せるという良さがあります。
ラウンドカッティングのブラウンのシューティー
出典: Pinterest

ポインテッドトゥタイプ

つま先が鋭角になっているポインテッドトゥタイプは、大人っぽさを出せるアイテム。カッティングがVタイプであれば、トップスやボトムスがかなりゆったりしていても、引き締めることができます。

ポインテッドトゥタイプのシューティー出典: WEAR

ラウンドトゥタイプ

ラウンドトゥタイプは女性らしい柔らかい雰囲気。コーデにガーリーさをプラスしたいときにもってこいのアイテム。甘くなぎるのが不安なら、色はダークトーンを選ぶべし。

ラウンドトゥタイプのシューティー出典: WEAR

 

この記事もチェック

 

ボトム別シューティーを使ったコーデ

デニムパンツ×シューティー

ブラウンのコーディガンとブルーのデニムパンツにシューティーをあわせたコーデ出典: WEAR

大人カジュアルの定番、デニムパンツともバッチリ合うのがブラックシューティー。ロング丈のコーディガンで身体をすっぽり包んでいるので、腰の位置が隠せていています。さらに足の甲が見えるシューティーで脚長効果もプラス。ハットで小顔さもGET。身長が162cmとは思えないスタイルの良さを感じさせますね♪

テーパードパンツ×シューティー

ホワイトのブラウスとブラウンのスラックスに黒のシューティーをあわせたコーデ出典: WEAR

フリル付きの白のブラウスや、可愛らしい配色のバッグというガーリーなアイテムに、黒ライダースときれいめスラックス、シューティーで、大人感やきちんと感を融合させた見事な甘辛ミックスコーデ。ベージュのスラックスが肌の色と近いのと、シューティーのVカッティングの効果もあって、足がものすごく長く見えますね。

ワイドパンツ×シューティー

ワイドデニムパンツとシューティーのコーデ出典: WEAR

裾が切りっぱなしのワイドパンツも難なくクリアしてしまうシューティー。ここでコンバースのスニーカーなどを合わせてしまうとカジュアルさ全開になってしまいますが、黒のシューティーの大人っぽさで、見事にコーデにメリハリがついて、こなれ感すら漂っています。ブーティーとパンプスの間という、シューティーの性格をうまく使った上級者コーデです♡

ガウチョパンツ×シューティー

ガウチョパンツと黒のシューティーをあわせたコーデ出典: WEAR

トレンドに敏感な皆さんなら一着は持っているガウチョパンツとも相性がいいのが黒のシューティーです。トップスをコンパクトにして、裾の広がったガウチョパンツをあわせてコーデ全体でAラインをつくって女性らしさを作っているので、シューティーにはポインテッドなものを合わせると甘すぎないコーデになりますね。

スカーチョ×シューティー

ブラウンでまとめたスカーチョとシューティーのコーデ出典: WEAR

今季人気のテラコッタカラーをインナーに、ベージュのブルゾンを羽織った秋色全開コーデ。そこに、スカンツや、ブルゾンと同じベージュのシューティをあわせることで、季節感だけでなくトレンド感もプラス。ラウンドトゥで柔らかさも取り入れて。

スカート×シューティー

白のトップスにタイトなスカートとシューティーを合わせたコーデ出典: WEAR

白のトップスにブラックのタイトスカートとシューティーで大人シンプルなコーデ。オフィススタイルとしても使えますね。シューティーが入ることで、トレンド感をさりげなく演出。上半身を白ニットでゆったりさせて、フェミニンさも取り入れているのが◎。

 

シューティーをゲットすればコーデの悩みも解決!

黒いシューティーに黒いパンツを合わせたコーデ出典: ZOZOTOWN

1年中使え、カジュアルもきれいめもOK、靴としての機能性も高いオールラウンドなシューティーで、いつでもトレンド感のあるコーデを楽しんでくださいね。

 

この記事もチェック

[記事公開日]2016.11.18 [最終更新日]2017.9.14

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS