大人のアウトドアスタイルって?BBQやフェスなど春のシーン別コーデ

春はGWという長い連休もあり、BBQやフェス、ピクニックなどアウトドアのお誘いが多くなる季節ですよね♪そんなときに、おしゃれ見えする服装って?と悩む人は多いはず。楽さや動きやすさだけじゃない、シーン映えするコーデをシチュエーション別に紹介します!

大人はアウトドアコーデだって気が抜けない

ボーダーTにデニムパンツのコーデ出典: WEAR

アウトドアは非日常のことなので、普段きれいめコーデが多い人やカジュアルコーデの人でもいつもと同じじゃ対応できないかも…と悩みますよね。大人が春にしたいアウトドアコーデ教えます♪ポイントやシーン別に見ていきましょう。

 

アウトドアコーデに共通するポイントこれ

アウトドアにも種類がたくさんありますが、どのジャンルにも共通するポイントは3つ。それをおさえておけばコーデ選びが楽になりそうです。

 

①動きやすい

パープルのウエストポーチにキャップのコーデ出典: WEAR

まず一番大事なのは、動きやすさ。アウトドアはアクティブに動くことが予想できるので動きやすい服装を選んでくださいね。ストレッチが効いている服やスニーカーはマストです。しゃがんだり腕を動かして伸縮性を確かめてみるのもいいですよ。

 

②手が空く

黒のウエストポーチにベージュワンピのコーデ出典: WEAR

次に大事なのは、手が空くこと。アウトドアコーデでは、手に持つことしかできないクラッチバッグの様なものはNGです。2018春はスポーティーブームなのでウエストポーチやサコッシュ・リュックなどを取り入れるといいかも。

 

③汚れても洗える

ボーダーTに黒パンツのコーデ出典: WEAR

最後は、汚れても自宅で洗濯できる素材のコーデをしていくこと。繊細な素材はアウトドアには向いていないので、汚れてしまうことを想定して自宅で洗濯できる様な服をチョイスしてくださいね。ボーダーTや黒系のパンツだと汚れが目立ちにくそうですよ。

 

ピクニックならちょっぴりガーリーコーデ

ピクニックはアウトドアの中でもゆったり過ごせるシチュエーションなので、そんなに意気込まなくても大丈夫ですよ。動きやすくてガーリーなコーデでおしゃピクしてみては♪

マスタードカラーのシャツワンピにデニムパンツのコーデ出典: WEAR

アウトドアと言えどもワンピースが着たいなら、デニムパンツをレイヤードしたコーデなんてどうですか?ガーリーで動きやすいコーデを作るならレイヤードがGOOD。パンツを履いていれば、座った時に周りの目を気にすることなく楽しめますよね。

 

白のブラウスにワンショルニットにデニムパンツのコーデ出典: WEAR

ピクニックは、ハードに動く訳ではないのでスニーカーじゃなくてもフラットシューズならOK。スニーカーよりも甲が見えるので抜け感もバッチリですね。白ブラウスで女っぽさも忘れずに♪今年はやりのワンショルトップスにクリアバッグを持ったら、トレンド感のあるコーデになりますよ。

 

白のガウンにデニムパンツのコーデ出典: WEAR

ワイドパンツにスニーカーのメンズっぽコーデは、白のガウンを合わせてちょい甘めにしたらガーリー度が一気にアップ。かごバッグを持ったらさらにピクニック感が出ますよ。レディ見えする羽織は普段のコーデにもピクニックにも使えて万能かも。

 

ハイキングならアースカラーコーデ

ハイキングなら雰囲気重視でアースカラーのコーデがおすすめ。カーキやブラウン・ベージュなどのナチュラルな色味を使うとカジュアルでおしゃれなハイキングコーデになりますよ。

カーキのパンツにデニムアウター羽織ったコーデ出典: WEAR

カーキは2018春のトレンドカラー。ぜひ取り入れておきたい色味なのでハイキングコーデにもオン。黒ほど重く見えず抜け感があるのでトップスやアター選びに困ることも少なそうです。

 

ボーダーTにカーキアウターのコーデ

出典: WEAR

ベージュのパンツにカーキの羽織で色味をおさえたコーデはナチュラルカラーで優しげに見えますよね。キャップとスニーカーを黒で合わせたら、統一感も引き締め効果もあってコーデがまとまって見えますよ。寂しく見えそうならボーダー柄をインナーにするといいかも。

 

バーベキューならデニムメインなコーデ

バーベキューはハイキングほどハードじゃないのでおしゃれさ重視でコーデを考えてもよさそうですよ。デニムをメインにしたコーデで、おしゃれだけど気取ってないコーデを目指しましょう。

デニムオールインワンに白のオフショルブラウスのコーデ出典: WEAR

デニムのオーバーオールはアクティブに動けて楽チンなのでバーベキューにピッタリ♪幼く見えない様にインナーや足元で大人っぽさを出してくださいね。ダボっとしたものはスタイルも悪く見えるので、できるだけ細身シルエットを選ぶといいですよ。

 

デニムオンデニムのコーデ出典: ZOZOTOWN

デニムオンデニムのコーデは目立つこと間違いなしのおしゃれなバーベキューコーデですよ。デニムなので動きやすさはもちろんのこと、汚れても洗えるのでGOOD。ハリ感のあるデニム素材よりもユーズド感のあるくたっとデニムだとさらにアクティブに動けそう。

 

フェスならとにかく明るめカラーなコーデ

フェスに行くなら、動きやすさプラス色使いもポイントになってきますよ。とにかく明るいカラーを使うとフェスの賑やかさに溶け込みつつもお目立ちコーデになりそうです♡パステルカラーよりもビビッドカラーがおすすめ。

赤ブラウスにシルバーシューズのコーデ出典: ZOZOTOWN

赤のブラウスにシルバーのシューズはおしゃれな配色ですよね。赤のブラウスは春っぽくてガーリー見えしつつ目を惹くのでいいかも♪足元はやりすぎない程度のコンパクトなシューズですがシルバーなのでここもおしゃれポイントですよ。

 

イエロースカートにミッキTシャツのコーデ出典: WEAR

イエロースカートとポイントになるTシャツはポップで目を惹きますよね。タイトスカートはアウトドアらしくないと思われがちですが、ストレッチの効いているものや膝丈のものなら動きにくさはあまりないのでフェスくらいならOK!

 

アウトドアだって気合いの入った春コーデで挑んで

ベージュボーダートップスにハーフパンツを履いた女性出典: WEAR

大人はアウトドアだって気を抜けないから気合いの入ったコーデで挑みたいですよね。写真に収まることも多いアウトドアシーンでは、春らしさも動きやすさも兼ね備えて、誰よりもおしゃれなコーデをしちゃいましょう!

[記事公開日]2018.4.25 [最終更新日]2018.4.27

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県