デカ目メイクのやり方とは?ナチュラルだけど目力アップを叶えるコツ

[記事公開日]2018.4.29
[最終更新日]2020.12.29

ナチュラルな大きい目元に憧れて、アイライナーを太く引いたり、アイシャドウを濃くしたり…。自分なりのデカ目メイクを日々研究している人も多いのではないでしょうか。でもそのアイメイク、周りの人から見ると「ただの濃いアイメイク」とマイナスなイメージを持たれているかもしれません。濃いアイメイク=デカ目じゃないんです。ナチュラル見えしながらもデカ目効果のあるメイク術を紹介するので、ぜひチェックしてみてください♡

ナチュラルなデカ目を叶える6つのアイメイク術


「目力のあるデカ目にしたい!」と思ってメイクをしても。ただ濃いだけのメイクになってしまいがちですよね。
ここでは目元をナチュラルに大きく見せることができる正解のデカ目メイク術を紹介します。

(1)アイラインはまつげのキワにペンシル、目尻はリキッドで使い分けて


ナチュラルなデカ目を叶えるなら、リキッドアイライナーと合わせて、ペンシルタイプのアイライナーも使い分けるのがおすすめ!
まつげのキワはペンシルでさりげなく、目尻だけはリキッドアイラインで存在感を強めにしましょう♡

 

まつげのキワに引く時は、指でまぶたを上に引き上げながら行うと簡単!まつげの間の隙間を埋めるように、アイラインを引いていきます。
目頭の切開ラインまでラインをひくと、目幅を大きく見せてくれます。

 

BEFOREとAFTERを比べてみると、ナチュラルなのにぱっちりデカ目♡程よく目元を引き締め、やりすぎ感が出ない自然な目元に。濃いアイラインは目元がキツく見えてしまうので、ナチュラルに仕上げましょう。

 

太いリキッドアイラインは濃く見えるので要注意!

太いアイラインを引くと二重の幅が狭くなるのと目元が引き締まりすぎてしまい、目力は強くなってもナチュラルには見えません。ナチュラルに目元を惹き立たせたいなら、ラインで太くするのではなく、濃い色のアイシャドウを使いましょう。
濃い色のアイシャドウを塗る幅を少し広げて、アイホール全体に自然なグラデーションをつくるとナチュラルにデカ目メイクができます。

 

 

(2)下まぶたの囲みメイクはアイシャドウで淡く

目元を囲むならアイライナーじゃなく、アイシャドウでやわらかく囲みましょう。下まぶた全体に肌馴染みのいい中間色を、黒目~目尻に締め色をのせると目元がぼんやりしすぎません。

 

アイシャドウの締め色はまつげにキワにさらっとのせる感じがちょうどいいです。塗りすぎるとクマっぽく見えてしまうので注意して!
まつげの間を埋めるようなイメージで、自然なラインを描きましょう。

 

仕上がりはこんな感じ。じわ〜っとナチュラルな血色感も出せて今っぽさ抜群♡柔らかいのにどこか印象的なアイメイクになりますよね。

 

 

アイラインの囲み目メイクはちょっと時代遅れかも

アイラインで下まぶたを囲むのは、キツそうな目元になり抜け感がなくなってしまいます。ナチュラルに盛るなら、ラインではなくシャドウを使いましょう!

 

 

(3)目尻はアイシャドウ×アイライナーの合わせ技でぼかすのが正解

不自然に角度をつけるのではなく、自分の目の形に合わせてアイラインを引いていきます。シュッと自然に伸びたように引くことで、ナチュラルなデカ目に近づきますよ。

 

ラインをひいただけだと少しラインが目立ってしまうので、上から濃いめのアイシャドウを重ねていきます。アイライナーと同じ色味のアイシャドウだと、より自然な仕上がりに。

 

アイシャドウチップの細い方、またはブラシでアイラインの上に重ねて塗りましょう。アイラインが消えないよう、優しくふんわりとのせるようなイメージで。

 

完成はこんな感じ。甘くふわっとした柔らか目元の完成です♡下まぶたの目尻にも同じ色のシャドウをのせると、とろんとしたデカ目メイクに仕上がりますよ。

 

目尻のアイラインは長さと跳ね上げが大事

タレ目風の下げアイラインは主張が強いと不自然になり、かわいくも甘くもなりません。
そのまままっすぐラインを引くのではなく、まつげと溶け込むような自然な角度で引くことがポイントです。

 

 

 

(4)締め色はまぶたのキワor目尻にのみ塗るのが正解

アイシャドウの締め色は、二重幅全てに塗ると引き締まりすぎちゃうので、まぶたのキワ、または目尻にさらっと塗る程度でOK。私は目尻にいくにつれて、気持ち太めにしています!

 

同じ色でも仕上がりのイメージが全然違いますよね?素肌感を活かすのがいまっぽいので、アイシャドウは肌に馴染ませる感じで軽くのせていきましょう。さりげないのにおしゃれにキマる。あざとアイの完成です♡

この記事もチェック

 

 

 

(5)マツエクで簡単にナチュラルデカ目メイク

まつげエクステ

デカ目メイクには、まつげの印象を強くすることも大事。
ボリュームタイプのマスカラをつかってもいいですが、ナチュラル見えを目指すならマツエクがおすすめ。
マスカラでボリュームを出すとどうしても「塗ってる感」が出てしまいますが、まつエクなら自然なボリュームアップが目指せます。

 

 

 

(6)カラーコンタクトで黒目の目力アップ!

カラコンは付けるだけで簡単に盛れるので、普段コンタクトレンズをつけてない方も愛用している人が多いですよね。
日本人離れした色のカラコンをつけるとギャルっぽくなってしまいますが、自分の黒目と同系色で自然に溶け込むタイプを使えばナチュラルに仕上がります。
今は色んなタイプのカラコンが各メーカーから出ているので、ぜひ一度チェックしてみて♡

 

 

 

濃い=デカ目は間違い。差し引きアイメイクで自然なデカ目をゲット♡

あなたのアイメイクはOK?NG…?アイメイクは濃くすればいいという訳ではないので、なかなかバランスを取るのは難しいですが、抜け感を意識することでいまっぽいナチュラルなデカ目が叶うはず。

上手に差し引きして、自分にぴったりのアイメイク法を見つけていきましょうね♡

この記事もチェック

PICK UP

ビューティーのピックアップ記事