アイシャドウパレットの使わない色どうしてる?捨て色の活用法を考えてみた

いますぐ手持ちのアイシャドウをチェック!買った時から全然量が減らない「捨て色予備軍」ありませんか?今まではお気に入りの色がなくなったタイミングで、「どうせ使わないから」とそのまま捨てていた人も多いかも…ですが、実はこんな意外な方法で活用することができるんです♡

アイシャドウ、使わない”捨て色”が絶対にある問題!

アイシャドウの4.5色入ったパレット、みなさんも1つは持っているのでは?その中に使わない、または使う頻度が少ない色は必ずあるはず。そんな開封してから使われることがほとんどない色こそが”捨て色”です!

今までは「どうせ使わないから…」と、お気に入りの色がなくなるタイミングでポイされていた”捨て色”ですが、使い方次第で主役に変身させることができるんです!使わないアイシャドウが眠っている人は、ぜひチェックしてみて。

 

 

 

アイシャドウの種類ごとに。使わない捨て色の活用法を考えてみた!

定番「グラデアイシャドウ」の捨て色はどう活用する?

まず、持っている人が多いグラデシャドウの捨て色の活用法を考えてみました!濃淡どちらの色も入っているグラデシャドウ。中間色は使う頻度が多くても、ベースや締め色はなかなか減らないという人も多いのでは?まぶたに使えないなら、こんな場所に使っちゃいましょう♡

 

グラデアイシャドウの捨て色の使い道①ベースに使う薄色は「ハイライト」に

アイホール全体に広げることが多いベースカラーは、その肌馴染みのよさ&明るい色味を活かし「ハイライト」として活用できます!

 

ツヤ感・メリハリを出したい場所にトントンとのせるだけで◎。ハイライトより肌との密着度は低いので、何度か重ねてのせるのがおすすめ。

 

こんな感じで、意外と自然に仕上がるんです♡ラメ感が強い、白やベージュのシャドウであれば問題なし。頬は汗をかきにくい場所なので、時間がたってもヨレません。逆に皮脂量が多い鼻やおでこに使用する時は、こまめに塗り直すなど工夫が必要かも。

 

グラデアイシャドウの捨て色の使い道②締め色のダークカラーは「アイライナー」に

アイシャドウパレットの中で1番色が濃い締め色は、目元を印象付けるアイライナーとして活用しましょう♡

 

アイライナーブラシ、もしくは細めのアイシャドウブラシを使って、目尻に色を重ねていきます。まつげのキワなど細かいところは難しいですが、目尻であればすっと簡単に引けちゃいますよ♡

 

こんな感じで、通常のアイライナーよりも柔らかい印象になります。さりげなく目元を惹き立たせたい人にはぴったり♡いつもとメイクの雰囲気を変えたい日にもおすすめ。

 

グラデアイシャドウの捨て色の使い道③ラメなしなら「アイブロウ」にも使えそう!

ヌーディーな目元を作れるラメなしアイシャドウは、眉毛を描く「アイブロウ」として活用しちゃいましょう!

 

アイブロウブラシ、もしくは同様サイズのブラシを使って眉毛をなぞるように描いていきます。ブラシの向きを変えながら描き進めることで、ふわっとした自然な眉に。

 

じゃじゃん♡これは本当にアイブロウパウダーそのものですね。一部だけ濃くなってしまった場合も指でぼかせば問題なし。グラデシャドウの濃淡を上手に活用して、眉頭〜眉尻までナチュラルに仕上げちゃいましょう♡

 

トレンドに流されて買った「派手色アイシャドウ」の捨て色はどう活用する?

季節やその年のトレンドに流されて買ってしまった「派手色アイシャドウ」。使おうと思った時には、すでに時代遅れ。ほとんど使わず眠ったままになっている人も多いはず!派手色アイシャドウはその発色のよさを活かして、こんな風に活用しちゃいましょう。

 

派手色アイシャドウの捨て色の使い道①クリアマスカラにオンして「カラーマスカラ」に

一見、扱いが難しい派手色も、使い方次第でその色味を最大限に活かすことができますよ。手軽に購入できるクリアマスカラと一緒に使えば、トレンド感抜群のカラーマスカラに大変身♡

 

クリアマスカラをたっぷり塗ったまつげに、チップを使ってアイシャドウを重ねていくだけで◎チップである程度色をつけた後、綿棒で1本1本仕上げをすればダマになりません。

 

濃いめの青色なのでわかりづらいかも?ですが、本物のカラーマスカラのようにきれいに色がつきました。ライブやイベント、フェスなど、ちょっぴりお目立ちしたい日のメイクにぴったり!アイシャドウの色次第で、まつげの色も思いのまま♡

 

派手色アイシャドウの捨て色の使い道②暖色は「フェイスカラー」として使えそう!

赤やピンク、オレンジなどの暖色系のアイシャドウであれば、フェイスカラーとしても活用できそう!

 

直接肌につけると発色がよすぎるので、手の甲に適量とった後、指で少しずつ重ねていくようにしましょうね。パウダーチークのようにさらっとしているので伸ばしやすく、程よいラメ感がいいアクセントに♡

 

ね?すごく自然でしょ。実際に誰にもバレないくらい肌馴染みがよかったので、すごくおすすめですよ♡暖色系のアイシャドウが家に余っている人はぜひ試してみて。

 

 

 

もう捨て色は作りません!アイシャドウは最後まで使い切ろう♡

何色も入っていれば、1つくらい使わない色があるのも当たり前なんですが、それだとやっぱりもったいないなと私は思います。せっかくお金を出して買ったわけだし、きっと誰かが作ってくれたコスメだしな〜とその色を眺めながら感じるのです(笑)。

なので、みなさんも今度からは使わない捨て色を作らず、ラメ感や色味を活かして他のメイクとして活用してみてくださいね!

この記事もチェック

[記事公開日]2018.4.17 [最終更新日]2019.5.07

NEW POST

ビューティーの新着記事

PICK UP

ビューティーのピックアップ記事

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS  

RANKING

ビューティーのランキング