今日の冬コーデ女っぽさ足りないかも…と思ったら試したい5つのこと

重ね着が多い冬は、コーデに女っぽさをプラスするのを忘れがち。そんなとき、いつものカジュアルコーデをほんのり女っぽくシフトできたら楽チンですよね。「私の冬コーデ、女っぽさ不足…?」と感じたらすぐに試せる、ちょっとしたアイディアをご紹介します♡

その冬コーデ、女っぽさ足りてる?

白のオフショルニットにグレーのパンツを合わせた女性

出典: ZOZOTOWN

カジュアル好きな大人女子がときに陥る女っぽさ不足。もこもこと着込む冬、その問題はいっそう深刻になりますよね。そこで、「あれ?今日の私、女っぽさが足りない…」と感じたらすぐに試せるアイデアを5つご提案。1アイテムをチェンジしたりプラスしたりするだけだから、簡単にトライすることができますよ。

 

その1▽タイトスカートで問答無用の女っぽコーデに

今まで映画やドラマで目にした、印象深い女っぽキャラクターを何人か思い浮かべてみてください。タイトスカート率が高く感じませんか?そうなんです。女っぷりを上げるなら、安直だけれどタイトスカートが一番♡毎日の着こなしにタイトスカートを取り入れて、お手軽に女っぽさを手に入れちゃいましょう!

白のトップスにグレーのざっくりニットカーデを重ねて、デニムのタイトスカートを合わせた女性

出典: WEAR

普段はデニムを合わせていたところをデニム地のタイトスカートにチェンジするだけでも、女っぽ要素は十分にUP!フロントスリットが入っていれば、セクシーさが増す上に足さばきもスムーズですよ。

 

白のざっくりニットに黒のリブニットタイトスカートを合わせた女性

出典: WEAR

しなやかに身体に沿うリブニットのタイトスカートは、実はスキニーと似た感覚で使えるスグレモノ。ざっくりとしたケーブル編みのニットを使った着こなしを、ほんのりフェミニンに仕上げてくれます。

 

キャメルのニットに白のレースタイトスカートを合わせた女性

出典: WEAR

白レースのスカートも、タイトなシルエットなら甘くなりすぎず女っぽく着こなせます。もこもことしたモールヤーンニットに合わせて、レディカジュアルを楽しんで!

 

その2▽カジュアル×パンプス=女っぽコーデの公式を使いこなして

出かける直前にふと女っぽさ不足を感じたときは、ぜひ足もとをパンプスに換えてみて。急いでいるときでも、これなら簡単。カジュアルコーデにパンプスを合わせるギャップで、手堅く女っぷりを上げていきましょ♪

ネイビーのMA-1にデニムを合わせて、黒のパンプスを合わせた女性

出典: WEAR

ダメージ加工が施されたデニムにMA-1を合わせたボーイズライクな着こなしも、足もとをパンプスにするだけでグッと女っぽい雰囲気に。マーブル風のシックなラウンドピアスで、知的な色気をさらにプラスしちゃいましょう。

 

白のレーストップスに黒のケーブルニットを重ねて太めのデニムを合わせ、ラインソックスと黒のパンプスをはいた女性出典: WEAR

ラインソックス×パンプスの足もとコーデは、レトロムードたっぷり。ニットにレイヤードしたハイネックブラウスやスパンコールがきらめくミニバッグとの相乗効果で、いつものデニムコーデも大人ガーリーに早変わりです。

 

ボーダーニットにネイビーのフレアスカートを合わせて、黒のパンプスをはいた女性

出典: WEAR

スニーカーでカジュアルダウンが定番のボーダーニット×フレアスカートも、ときにはパンプスでレディな着こなしを意識してみて。ほどよい緊張感が、眠っていた女っぽさを目覚めさせてくれますよ。

 

ブラウンのコートにデニムを合わせて、ベージュのストールを巻き黒のフラットポインテッドトゥパンプスをはいた女性

出典: WEAR

フラットシューズなら、とがったつま先が女性らしいポインテッドトゥをチョイス。履き口がV字にカットされたものなら、よりキレイめに履くことができますね。

 

その3▽キレイ色を差して女度UP!

キレイな差し色使いも女っぽコーデの鉄板。カラーアイテムに抵抗がある人も、顔周りから離れた小物なら取り入れやすいはず。華やかな色のアイテムを1つ加えるだけでシンプルなコーデも見違えるから、試す価値は十分ですよ♡

ベージュニットに黒スキニーを合わせてグレーのコートを羽織り、ボルドーのバッグを持った女性出典: WEAR

艶やかなワインレッドは、持つだけで女っぽさをチャージできちゃうマジカルカラー。ほっこりしがちなムートンコートを使ったデニムコーデも、淑女のリラックススタイルにグンと格上げです。

 

グレーのニットとチェックのスカートを合わせたワントーンコーデにパープルのパンプスを合わせた女性

出典: WEAR

大好きな組み合わせだからこそマンネリを感じてきた淡いグレーのワントーンコーデも、パープルのパンプスをアクセントにすれば何だか新鮮。ミステリアスな魅力をプラスすることができちゃいます♪

 

ワンピースにグレンチェックのコートを羽織って、マスタードイエローのストールを巻いた女性

出典: WEAR

マスタードイエローのストールをふわりとまとえば、落ち着いたグレンチェックのコートも一気に華やぎます。ぐるぐると巻いたり肩掛けしたりと、その日の天候や気分によってアレンジできるのもストールのいいところですよね。

 

白のタートルネックニットにベイカーパンツを合わせて、ピンクのファーバッグを持った女性

出典: WEAR

もふもふのファーバッグを差し色に使えるのも、冬のおしゃれならでは。ビッグタートルニットにベイカーパンツを合わせたハンサムな着こなしに、ダスティピンクのファーバッグとフラットなバレエシューズで甘さを足して小粋なMIXコーデに仕立てましょ。

 

黒のトップスに黒のワイドパンツを合わせてカーキのキルティングブルゾンを羽織り、ゴールドのショルダーバッグを合わせた女性

出典: WEAR

ゴールドやシルバーなどメタリックカラーのアイテムを足すのも、女っぷりを上げるのに有効な作戦。小ぶりのショルダーバッグなら、アクセサリー感覚でコーデに投入できるからとっても重宝しますね。

 

その4▽ほんのり肌見せしてみる?

女っぷりを上げるなら、やっぱり肌見せ。でも何事もやりすぎは禁物。大人の色香を漂わせたいなら、大胆な露出をするよりもほんのり素肌をのぞかせるぐらいがちょうどいいんです♡

グレーのオフショルニットに黒スキニーを合わせて、赤のパンプスをはいた女性

出典: WEAR

肌見せといえばオフショルが定番ですが、ネックラインを調節できるオフタートルニットで鎖骨が見えるぐらいの露出度にするのが品よく着こなすポイント。3首と呼ばれる首と手首、足首を見せることで、こなれた女っぽさをアピールすることができますよ。

 

ベージュのざっくりニットにデニムワイドパンツを合わせた女性

出典: WEAR

襟ぐりの開いたざっくりニットも、ヘルシーな色気を醸し出せる肌見せアイテムのひとつ。飾らない色っぽさが魅力だから、甘く盛らずにデニムを合わせてそっけないくらいの着こなしにするのがベスト!

 

黒のバックストラップ付きのニットに黒の花柄スカートを合わせた女性

出典: WEAR

正面はプレーンなクルーネック、でもバックにはストラップデザインがほどこされたちょっぴりセクシーな背中開きのニット。エレガントな花柄のマキシスカートで他の部分の露出を抑えて、ギャップのある肌見せを狙ってみるのはいかが?

 

グレーのざっくりニットカーデに、黒のレースのインナーを着た女性

出典: WEAR

ゆるっと着こなせるニットカーデのインに、レースのハイネックを仕込んで。繊細なレース越しに透ける素肌が、とってもセンシュアルですね♡

 

その5▽1アイテムをちょい足し

ベルトやビスチェ…そんな小物を1つ足すことでも、コーデの女っぽさを上げることができちゃいます。旬度の高いアイテムを選べばトレンドライクな着こなしも同時に叶うから、試してみない手はありませんよ!

 

白ニットにベルトをしてスキニーデニムを合わせて黒いコートを羽織った女性

出典: WEAR

ゆるっとしたタートルネックニットにベルトをプラスして、さりげなく高めの位置にウエストマーク。ゆるくブラウジングして、ウエストのくびれをアピールしちゃいましょう。

 

ブルーのニットワンピに太ベルトをした女性

出典: WEAR

ニットワンピースにもベルトをオン♪ときにのっぺりとしがちなニットワンピースですが、ベルトを使えばニット特有のしなやかな落ち感もメリハリの効いた着こなしも両方満喫できちゃいます。

 

白ニットに白の付け襟と付け袖を合わせた女性

出典: WEAR

ざっくりとしたニットやカジュアルなスウェットの襟や袖口からフリルをチラ見せして、フェミニンに味付けするのが2017-18AWのトレンド。付け襟や付け袖なら、着膨れを心配することなく楽しむことができますね。

 

ベージュのリブニットにトレンチビスチェをレイヤードして、ワイドデニムを合わせた女性

出典: WEAR

身体のラインを強調するビスチェは、女っぷりを上げるちょい足しアイテムの代表格。クラシカルなトレンチタイプのビスチェなら、上品な印象もキープできちゃいます。

 

めざせ!冬の女っぽコーデ!

白ニットにデニムを履きカーディガンを羽織った女性出典: WEAR

あなたの冬コーデをちょっぴり女っぽくシフトする5つのアイデア、いかがでしたか?どれも簡単に試せるものばかりだから、女っぽ不足を感じたときはぜひ試してみてくださいね♡

[記事公開日]2018.2.06 [最終更新日]2018.2.10

NEW POST

ファッションの新着記事

PICK UP

ファッションのピックアップ記事

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS  

RANKING

ファッションのランキング